・・・好きなものクロニクル。
<< THE NOTEBOOK | TOP | JIMMY EAT WORLD >>
BRIGHT EYES
Digital Ash In a Digital urn
Digital Ash In a Digital urn
ブライト・アイズ

これはBRIGHT EYESがアコースティック・アルバムとエレクトロニック・アルバムを2作同時リリースしたうちの、エレクトロニック・アルバムの方。タイトルの意味は「デジタル化された壷の中のデジタル化された灰」?

ニック・ジンナー(ヤーヤーヤーズ)、ジミー・タンボレロ(ポスタル・サービス)、クラーク・ベイクレイ(ザ・フェイント)をゲストに、繊細に紡がれたエレクトリックなサウンド・タペストリー。聞き込むほどにその内容の素晴らしさに魅了されていくブライト・アイズのニュー・アルバム。全米2位「Take It Easy(Love Nothing)」収録。

ネブラスカ州出身コナー・オバーストのユニット、ブライト・アイズ。反ブッシュの全米コンサート・ツアー"VOTE FOR CHANGE"に参加、その後同時リリースされた先行シングル「LUA」と「Take It Easy(Love Nothing)」がビルボードのセールス・チャート1位・2位を獲得、超話題の人に。(全米チャートでヒップ・ホップ、R&Bといったブラックミュージックかアイドルの曲以外が上位を占めるのは非常に珍しい。)

ブライト・アイズはフォークというイメージが強かったので私は全く関心がなかったのだけれど、rockin' onの付録CDに収録されていた「Take It Easy(Love Nothing)」がぴたーっと私の中に入り込んできてしまったの。デジタルなのに、アナログに呼応するみたいで・・・。

歌詞が本当に素晴らしい。まるで短篇小説集のよう。THE STREETSをメロディックにした、という感じかな。

ジャケットは一見黒背景にブルーの花が描かれているだけのように見えるけれど、エンボス加工で男の人が便器をかかえて「おぇ〜っ」とやっているイラストが・・・。1980年生まれのコナーはやっぱり若いね(笑)。("松坂世代"は音楽業界においても秀でているのかしら?活躍しているアーティストに80年生まれってとても多い気がする。)

「Take It Easy(Love Nothing)」のアタマの部分♪First with your 〜♪をつい口ずさんでいたけれど、お〜っと、そういう意味か(汗)・・・。(歌詞カード参照。)

赤ん坊の泣き声をサンプリングしていたり実験的な部分が多いけれど、「エレクトロニック・アルバム」と言い切ってしまうとちょっと違うかもしれない。

M-5 Take It Easy(Love Nothing)、M-3 Arc of Time(Time Code)、M-6 Hit The Switchが好き。

ぼくはきみを歌の罠にかけ メロディにしばり付けてしまおう
そうやってきみを歌の中に置き去りにしてしまえば
もうきみにわずらわされることはないから

Take It Easy(Love Nothing)

絶対に正しい生き方も、あるいは間違った生き方なんてものもなくて
とにかく『生きる』しかない、そう思えてくる
だからぼくは自分のやることをこうしてやり続けるだけだし、
少なくともこの世界に存在してはいる
それ以上に意味のあることなんて、あるだろうか?

Hit The Switch


↓こちらは「LUA」が収録されているアコースティック・アルバム。戦略的に2枚制作して同時リリースしたのではなく、アコースティックの方を作っている時に平行してデジタルなアイディアが次々と生まれ、最初は1枚にまとめるつもりがどうしても収まりきらず2枚になってしまい、数ヶ月ほど間を置いて出そうかという話もあったけれど、考えるのもばかばかしくなって(笑)同時に出したのだそう。Take It Easyね。このアコースティック・アルバムの購入予定はないけれど、Digital Ash In a Digital urnは買って正解だった。

I’m Wide Awake,It’s Morning
I’m Wide Awake,It’s Morning
ブライト・アイズ

こちらで試聴可能 SADDLE CREEK→
BRIGHT EYESも今月来日する。クリエイティブマン→
| CD/US・CAN | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/43729
トラックバック
2005/05/16 02:33
ブライト・アイズ ( Bright Eyes )   弱冠二十歳の青年、コナー・オバースト によるソロユニット。 フォーク・オルタナをベースに様々なジャンルを クロスオーバーさせたサウンドでよく引き合いに 出されるアーティストは「ボブ・
リ・マイブラ

Search this site