・・・好きなものクロニクル。
<< WALK THE LINE/ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 | TOP | HOTEL RWANDA/ホテル・ルワンダ >>
Levellers
Truth & LiesTruth & Lies
Levellers
2005年5月

クラッシュに通じるパンク精神をアイリッシュ音楽の大衆感覚に持ち込んだ英国バンド、レヴェラーズ。/ CDジャーナル

時々コメントをつけてくださるシリキさんお薦めのLevellers、通算8枚目となるアルバム"Truth & Lies"を聴いてみました。


シリキさんから教えてもらうまで私はLevellersって知らなかったのですよ。でも94年には来日ツアー成功、アルバムがUKチャート1位になったこともあり、このアルバムからのシングル"Make You Happy"もしっかりTOP40入りと、メジャーなバンドなのですね。(アルバムジャケットは見覚えのあるものが数枚ありました。)

以前はパンク色が濃かったようですが、このアルバムは「ブリット・ポップmeetsケルト音楽」という感じでしょうか。アイリッシュなヴァイオリンがとてもいい感じです。M-1 Last Man Alive、M-2 Make U Happy、M-3 Confess、M-7 Weels、M-10 The Damnedが特に好きかな。

1. Last Man Alive
2. Make U Happy
3. Confess
4. For Us All
5. Knot Around the World
6. Steel Knife
7. Wheels
8. Said and Done
9. Who’s The Daddy
10. The Damned
11. Sleeping

ニューエイジ・トラヴェラーズと呼ばれるネオ・ヒッピーたちに絶大な人気があるそうで、Levellersのメンバー自身、トレーラー生活を送っているとか!BEAUTIFUL DAYSという自分たちの夏フェスを毎年開催したり、「急進派平等主義者」なんてポリティカルな面もあって、かなり個性的な人たちみたいですね。

◎オフィシャル
 http://www.levellers.co.uk/

MySpaceで試聴できます。
◎MySpace/Levellers
 http://www.myspace.com/levellers

Levellers

シリキさん、Thanks!
| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(8) | | pagetop↑ |
コメント
えっ、Lebellersってまだ解散してなかったんですか・・・。
失礼しました(苦笑)。このバンドの情報て、あまり入ってこないですからねぇ。
アイリッシュな感じがあることと、英国の人気に比べて日本ではいまいち盛り上がらないところが、ワンダー・スタッフと被ります。
ヒッピーに人気があると言う事は、これからも根強い活動を続けていきそうですね!
2006/03/06 13:25 by kid d
やっぱりぃ。
kid dさんはきっとLevellersをご存知だと思いましたよ。
>ワンダー・スタッフと被ります。
うっ。これも知らない・・・。オヨヨの逆ヴァージョン企画もいかがでしょう?(笑)
私はヴァイオリンって好きなので、Levellersも好きです。パンクな感じというのは想像できませんでしたが。
いいですよね、Levellersみたいに自分たちのスタイルを守りながらマイペースで音楽をずっと続けていけるって。
2006/03/06 17:59 by Nao
Levellersってヴァイオリン入ってるんですか!すごく気になりますね◎試聴したいんですが、なぜか今、PCの音声が入らなくて(^_^;) 個人的にはキーボードが入るのも好きです。    
恐縮ながら、Levellersもワンダー・スタッフも全く知りません・・・。
2006/03/06 19:30 by Toyonbee
Toyonbeeさん、こんばんは〜
ちょこっとお久しぶりですね☆
「スタート」→「コントロールパネル」→「サウンド・オーディオデパイス」のところで、ミュートになっていないか確かめてみてはどうでしょう?PCの音が出ないと寂しいですよね;;
>キーボードが入るのも好きです。 
Toyonbeeさんはメロディ重視な曲がお好きなのかな?
2006/03/06 22:27 by Nao
わあー。取り上げてくれてありがとう。実はきのうまで熱だして寝込んでたのでほんとに風邪もふきとびます。

そうそう、彼らって本国ではちょっとカリスマ的存在らしいんですが日本にはとんと情報が入りません〜

彼らのホームタウンはブライトンていうのもパンキッシュでいいですよね。今回のアルバムはあまりパンク色ありませんが、初期のアルバムなど聞くとポーグス+クラッシュって感じです。いまだSEE Ticketから届かなくてちょっと不安ですが初ライブ拝めたら報告しますね!
2006/03/07 23:16 by シリキ
初めて知ったのはチャリティアルバム「HELP」だったんですけど、
地元のCD屋さんにはLevellersは置いてなかったんですよ(泣)
去年先輩が「オススメのアルバムを貸してあげる」とのことで何枚か持ってきてくれて…なんとその中にLevellersが!
約10年越しの思いが実ったわけです^^;
グラストンベリーのDVDにも収録されてましたよね☆あれもかっこよかった♪
2006/03/09 13:31 by ef
Naoさんのアドバイス試してみたんですが、ダメでした(x_x)   >Toyonbeeさんはメロディー重視な曲がお好きなのかな?    どうなんでしょうかね〜。とりあえずUKロックが好きです◎途中で音を小さくして、ギターだけの音にして少しずつ元の音に戻していくパターンとか好きですね◎ 最近聴いているThe Zutonsにはサックスが使われております。ちょっと面白いルックスの人たちです(笑) 
2006/03/10 20:43 by TOyonbee
★シリキさん
こんばんは。お返事遅くなってごめんなさい。。。その後風邪は大丈夫ですか?
>初期のアルバムなど聞くとポーグス+クラッシュって感じです。
そう、検索しているとポーグスもよく引き合いに出されていましたよ。私はアイリッシュなヴァイオリンのフレーズがずっと頭の中をぐるぐるしていました(笑)。
シリキさんはこの春、イギリス旅行中にLevellersのギグへいらっしゃる予定なんですよね!レポを楽しみにしているのはきっと私だけではないはず・・・。シリキさん、待ってま〜す☆

★efさん
こんばんは。efさんにも「お返事遅くなりごめんなさい」です。
ビックリ。efさんもLevellersに思い入れがおありとは!!10年越しというのもすごい(笑)。
私、グラストンベリーのDVDを持っているのに、Levellersはまだ見ていなかった;;今度見てみますね。ありがとう。
一緒にシリキさんのLevellersライヴレポを楽しみに待ちましょうネ

★Toyonbeeさん
こんばんは。お返事遅くなってしまいごめんね。
パソコンはダメでしたか〜。どうしちゃったんでしょう。
The Zutonsのサックスはかっこいいお姉さんですよね。リンクのところにある「英国奇天烈音楽」のずーさんは、ブログのアドレスからも分かるように、The Zutonsの大ファンですよ。(今ブログはお休み中みたい。)
2006/03/15 21:59 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/432546
トラックバック

Search this site