・・・好きなものクロニクル。
<< ROOSTER | TOP | BRIGHT EYES >>
THE NOTEBOOK
The Notebook
The Notebook
Nicholas Sparks

映画『きみに読む物語』の原作で全米450万部の大ベストセラー。原書なんて読んだのは何年ぶりだろう。(注:私は英米文学科卒ではありません。笑)

余分なものはそぎ落とされてシンプルな文章だし、映画を見てストーリーは分かっているので、敢えて辞書は使わず、分からない単語はどんどん飛ばして、どんどん読み進んでみた。少々単語が分からなくても(「少々」ではなく相当忘れているので「多々」かな??)す〜っと入り込んで一気に読み終えることができたの。これは洋書入門の1冊としてもお薦め!

ニコラス・スパークス(1965年生)は様々な職業を転々とした後31歳で本書を出版、いきなり大ヒット。2作目『メッセージ・イン・ア・ボトル』は完成段階でワーナー・ブラザースが映画権を取得、小説も映画も大ヒット。3作目の『奇跡を信じて』(2000年)はすでに映画化・・・と大成功を収めている小説家。結局、時代や世代を超えて人はこういうシンプルな愛の物語が好きなんだろうね。悪人が一人も出てこないから、「悲しみ」を描いていても心がほっと温まる。

「永遠の愛」と、もう一つの重要なテーマ「アルツハイマー病」・・・

So I love you so deeply, so indredibly much, that I will find a way to come back to you despite my disease, I promise you that.
| ブックレビュー | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2005/05/24 23:32
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるもの
京の昼寝〜♪

Search this site