・・・好きなものクロニクル。
<< TIME FOR HEROES(EP) | TOP | FEEDER >>
きみに読む物語
きみに読む物語

原作:THE NOTEBOOK ニコラス・スパークス
全米450万部の大ベストセラー「きみに読む物語」はニコラス・スパークスの長編処女作で「メッセージ・イン・ア・ボトル」は彼の2作目。

監督:ニック・カサヴェテス
主演:ライアン・ゴズリング(ノア) レイチェル・マクアダムス(アリー)

ありきたりな、安直なキャスティングでなくて大成功だと思う。カナダ出身の主演の二人がとても新鮮、好っきで好っきでたまらないーっ!て感じがピュアで共感できた。特にライアン・ゴズリングがすっごく良いの。一人の女性をずっと思い続けるって一歩間違うとストーカーっぽくなってしまうけれど、彼が演じるとシンプルに応援したくなった。この人だったら学歴も地位もお金もなくてもいいよねと思える(笑)。

年を取った気品のある女性(監督の本当のお母さんだそう。)に、同じく年を取った男性がボランティア的に物語を読み聞かせしてあげるんだけど、その女性と一緒に「それから?それから?」と続きを楽しみに観た方が面白いので、あらすじは読まないことをお薦め。

映像もとても綺麗だった。リインカネーション。

◎オフィシャル
 http://www.newline.com/properties/notebookthe.html






色々あって客席の環境はサイアクだったの(事情は本館の日記参照)。それでもあちこちから嗚咽(すすり泣きではなく!)がこぼれてきて、私も自然と涙がこぼれ落ちた。(エンドロール終了後ケミストリーが出てくるけれど蛇足のような気がしないでもない・・・。)


| シネマ(洋画) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40595
トラックバック
2006/10/04 23:20
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるもの
京の昼寝〜♪
2006/08/13 17:51
評価:★10点(10点満点)   監督:ニック・カサヴェテス 主演:ライアン・ゴズリング レイチェル・マクアダムス           ジーナ・ローランズ 2004年 123min 私はどこにでもいる平凡な人生
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2006/07/18 00:00
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰にも負け
新・ぴゅあの部屋
2006/06/19 00:45
生涯で一度でも純愛と呼べるものを経験できたなら、きっとそれだけで人は生きて行けるのではないか、そんなことを考えた作品でした。誰もが一途に人を愛したいと思っていても、どこかで妥協したり、諦めたりしてしまいます。だからこそこの物語に綴られた純愛に深く感動
文学な?ブログ
2005/05/22 10:50
わたしは、ありふれた男だ。でも、わたしには全身全霊をかたむけて愛する女性がいる。いつでも、それだけで十分だった。10代の夏にアリーと恋に落ちたときから、彼女と離れて暮らしていた辛い日々も、その後の長く幸福な結婚生活の間も、いつでも彼女だけを愛しつづけ
booksjp
2005/02/14 21:59
ファボーレ東宝で2月5日公開の『きみに読む物語』を観て来ました。 『北の零年』にするか『アレキサンダー』にするか迷ったんですが、今回は感動を選びました。 原作は『マディソン郡の橋』をも超えたベストセラー「ニコラス・スパークス」著『The NoteBook きみに読
xina-shinのぷちシネマレビュー?
2005/02/13 23:09
今年はなかなかこれぞお勧め!という作品がなかったのですが、 やっと面白いと思えたのがこの映画「きみに読む物語」。 過去の思い出を失ってしまった初老の女性(ジーナローランズ)に 若い男女の恋愛物語を読み聞かせるデュークと名乗る男性(ジェームズガーナー)
エモーショナル★ライフ

Search this site