・・・好きなものクロニクル。
<< STERIOGRAM | TOP | GLOW-タテノリ・エディション >>
THE VINES
Winning Days
Winning Days

シドニーで結成された4人組。メジャーデビューアルバムHighly Evolved(02年)は米英ゴールドディスに。これは昨年リリースされた2nd、M-1 RIDE がすごく好きで去年の夏頃からこのアルバムを買うつもりだったのだけれど・・・。

昨年暮れにコンピGLOWのTATENORIエディション(キッズ向け?笑)の中に収録されているTHE VINESの"Get Free"(これは1st)を改めて聴いて、これはやはり購入せねば、と思って。1stとどちらを買おうか迷ったんだけれどね。

RIDEやGet Freeのイメージが強かったのに、聴いてみて驚いた。激しい曲の間にお花畑にいるようなスウィートな曲やちょっと宗教っぽいイメージの曲が散りばめられているの。M-6 WINNING DAYS なんてとても美しくて感動してしまう。『ビートルズ・ミーツ・ニルヴァーナ』って確かに言えているかも。

フロントマンのクレイグ・ニコルスはトラブルメーカーで、狂気と紙一重と言われていた。昨年の来日公演もひどいものだったらしい。ところが先日傷害事件で起訴された裁判で、クレイグはアスペルガー症候群であることを公表。(アスペルガー症候群とは知的障害を伴わない自閉症の一種で、対人関係の形成が上手くできなかったり新たな環境に馴染むことができないなどの症状が見られるそう。)病気だったと知ると、今までの数々の武勇伝?が痛々しい。

THE VINESは解散はしないとのこと。ツアーには出なくても良いから、クレイグにはこれからも絶対に歌を書き続け、歌い続けて欲しい。

WINNING DAYSは思っていた以上に良くて気に入ったので、1stも聴いてみるつもり。
冬の日差し

スヌーザー(音楽雑誌)は、あくまでも私の個人的な主観だけれど、馴れ合いっぽくてあまり好きではないの。ギョーカイ人だからお行儀が悪くったっていいんだよーって匂いがして。(ごめんなさい。)

でもスヌーザー2月号THE YEAR IN MUSIC 2004・年間ベストアルバムの1位に"THE LIBERTINES"が選ばれていた!嬉しい〜。カールのロング・インタビューも載っていたのでスヌーザーを買ってきたわよ(笑)。
| CD/オセアニア | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40586
トラックバック

Search this site