・・・好きなものクロニクル。
<< Band Aid 20 | TOP | ペンギンの憂鬱 >>
THE STREETS
ア・グランド・ドント・カム・フォー・フリー
ア・グランド・ドント・カム・フォー・フリー
ザ・ストリーツ

THE STREETSはロンドン生まれバーミンガム育ちの25歳、マイク・スキナーのユニット。白人のブリティッシュ・ヒップ・ホップ。

M-7 FIT BUT YOU KNOW IT は何度かミュージックビデオを見たことがあるけれど・・・イギリス人がヒップ・ホップ?くらいにしか思わなかった。でもリバティーンズのカールがこの≪a grand don't come for free≫を絶賛していたので、他の曲も聴いてみることに。(すみません、今カールが大好きなので:笑)

そしたら M-10 DRY YOUR EYES がすごく良いの!ビデオが見られるので"DRY YOUR EYES"をぜひ視聴してみて。→コチラ

ふわっとして悲しいヒップ・ホップがとても新鮮、アメリカのタフなラップとは全く違う、新しいスタイルね。彼は詩人。アルバム全体がストーリーになっていて、イギリスのどこにでもいそうな平凡な若者の日常が伝わってくる。

これは歌詞カード(対訳付)がある日本盤が絶対にお薦め。リリックが素晴らしく、アルバムを通して聴くと映画を1本見終わったような感じ。

it's the end of something Idid not want to end
the beginning of hard times to come
but something that was not meant to be is done
And this is the start of what was
(EMPTY CANS)


| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40580
トラックバック

Search this site