・・・好きなものクロニクル。
<< オペラマイラッシュ(マスカラ) | TOP | SNOW PATROL >>
THE RASMUS
デッド・レターズ(初回)
デッド・レターズ(初回)
ザ・ラスマス


シングル1曲(IN THE SHADOWS)で全ヨーロッパを制圧!一度聴いたら逃げられない哀愁のメロディック・ロックが、遂に日本上陸!


フィンランド・ヘルシンキ出身の4ピースバンド。14歳だった94年に同級生たちで結成して、本国フィンランドではすでに5枚のアルバムをリリース、国民的バンドらしい。でもヴォーカルの人の髪型がヘン(笑)。

Virgin Radioのコンピアルバムにも収録されているM-2 IN THE SHADOWSがとっても鮮烈。♪ぁお・ぁおー♪・・・この曲で、彼らはイギリスでブレイク。

M-4 IN MY LIFE、M-1 FIRST DAY OF MY LIFEも耳に残る。

疾走感+北欧特有の暗さがあって日本人受けするメロディだと思ったら、もう今月末に単独来日ツアーがあるのね。バンドを結成して10年、日本ではデビューしたばかりだけれど、96年にアルバムデビューしたときに日本からもファンレターが届いて「絶対日本にも来て欲しい、日本にもラスマスのファンがいる」と書いてあったそう。Voのラウリが「そのファンレターをくれた人たちにはぜひ今回のショーに来て欲しい、個人的にも会いたい」とインタビューで話していた。来日が8年越しで実現して、そのファンたちは嬉しいだろうね・・・。04年7月リリース

(公式サイトで♪ぁお・ぁおー♪のビデオがフルで視聴可能)
公式サイト>>
レーベル公式サイト>>
猫の足跡
(これは"まるん"たちの足跡。2日早朝に撮影、今は積雪ゼロです。)

高校サッカー準決勝、星陵×市立船橋の試合は最後までもつれてすごく面白かった!私は最初市船を応援していたけれど、やっぱり星陵に勝たせてあげたかったような・・・


THE RASMUSをはじめ英語以外の母国語を持つバンドたちがイギリスでヒットを出しているのに、日本のミュージシャンが欧米でメジャーになるのはどうしてこんなにも難しいのかな。

私の女友だちには宇多田ヒカル・ファンがけっこういるので言いにくいんだけど(苦笑)、私は彼女が好きではないの。どうしてあんなにバカ売れたのか私には理解でない・・・。でも今回のUTADAのUS進出は、心から成功を願っていた。ヒットさせて音楽界の『野茂英雄』になってもらいたかったの。でも彼女は野茂選手にはなれなかったかな・・・
| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
naoさん、こんばんは。
 
 改めて麦の退院、おめでとうございます。結構長いように感じたんですが、実は相当重かったんでしょうか。津波の被災者の方にはいずれ別の形で貢献するのもありだと思います。といっても自発的な意思が前提ですけど。

ラスマスのvideo、見てみました。ヴォーカルの化粧とか、PVのコンセプトとか、ちょっとゴスロリを感じてしまうのは私だけ?曲はけっこう好きです。以前こちらでとりあげられていたインターポールもライブでゴスロリの方々がけっこう集まるそうで、ファッションだけでなく音楽の世界にもいるんだ、と認識を新たにしているところです。

ステレオフォニックス、そうそう、あれが始めてお会いしたエントリーですよね。懐かしいです。あの時の無謀なTBがこのような形で結実してよかった。改めて、今年もよろしくお願いします。

 今年もライブに色々行かれるようで、レポートの方も楽しみにしています。これは課題ということで提出お願いします(笑)。
 私もすっかりライブの楽しさにとりつかれたので、機会があればまた行きたいと思います。留学を含め、まずは一年の予定をしっかりさせたいところです。

 街も門松がなくなって、すっかり正月気分が抜けてきましたね。私もようやくブログに身が入れられそうです。
 naoさんの日本と海外でアーティストの受け入れに温度差がある、という指摘、面白く読みました。というわけで、今日の更新はそれに少し関連したものを取り上げてみました。やっぱりあちらでの露出が大事なのでは?MTVが日本で流れるように、例えばCDTVがあちらで流れたら、面白いことが起きるかもしれません。まあ、その前に語学の壁も越えなきゃならないんで、日本はどうしても閉鎖的になりがちですが、中国や台湾・香港で受けるのなら、曲は機会さえあれば受け入れられると考えています。

いよいよ冬本番ですね。雪道にはくれぐれもお気をつけて。
2005/01/09 03:03 by oakagmin
okagaminさん、こんにちは。
 
>改めて麦の退院、おめでとうございます。結構長いように感じたんですが、実は相当重かったんでしょうか。

ありがとう。そうなの。かなりの重症で大事でした。インターフェロンも注射したのよ。ガリガリに痩せてしまっていたけれど、背中を触ってもゴツゴツしない程度にお肉もついてきたようです。でも動物を助けるためにどこまで手を出すべきか、そのライン引きはとても難しいと改めて感じました。

>ゴスロリを感じてしまうのは私だけ?

ゴスロリって何?と思いましたよ(笑)。ゴシックロリータのことなのね。他に2曲ビデオクリップを見たけれど全く違う雰囲気でしたよ。サーキットで歌っていたり、泥沼に落ちて川に流されたり(?)。

都会的なイメージのインターポールとロリータファッションのファン??・・・絶対に結びつかなーい!と思ったけれど、思い出しました。月間文芸誌「きらら」で連載されている『続・下妻物語』でロリータ少女桃子がよくEverything But The Girlを話題にするの。ロリータちゃんたちはEBTGが好きらしい(笑)。EBTGとインターポールには確かに共通するものがあるかもです。面白い・・・。


>あの時の無謀なTBがこのような形で結実してよかった。

okagaminさんがTBしてくれていなかったら、私はブログをやめていた可能が高い(笑)。こちらこそこれからもどうぞ宜しく。いつもありがとう。

>これは課題ということで提出お願いします(笑)。

宿題を出されてしまった(笑)。でも私のレポは「○○がかっこ良かった」「○○が面白かった」こんなのばっかりよ;;

>私もすっかりライブの楽しさにとりつかれたので、

ライヴは楽しいですよねー。またぜひ足を運んでください。留学も視野に入っているのね?可能性がいっぱいあって羨ましいな。(チェチェン問題が早く解決すると良いですね・・・)

>naoさんの日本と海外でアーティストの受け入れに温度差がある、という指摘、

私はミスチルとか森山直太郎といった*日本的*な歌が、日本語のまま、欧米でヒットしたらいいな〜と思っているの。UTADAさんみたいに7億もプロモーションに費やすことなく、ね。日本人がアメリカ人のマネをしても限界があります。

>いよいよ冬本番ですね。雪道にはくれぐれもお気をつけて。

ありがとう。今朝は10センチほど積雪があって、まだ除雪されていない道を運転したらオフロードみたいで怖かった〜。
2005/01/10 17:41 by Nao
naoさん、こんばんわ。
えーっと、今日は就寝前に書いてます。
これであしたは朝日を浴びて爽快に起きれる予定です。

インターフェロンって、調べたら肝炎とかに使うんですね。治療費がかかったのもこのせいかな。麦もさぞ感謝しているのでは・・?
naoさんのおっしゃるとおり、線引きはほんとうに難しそう。最後は飼い主との絆の深さがどの程度かが重要かな、自分の場合・・。

ラスマス、泥沼に落ちて川に流されたりするんですか!楽しそうなPVですねー。Everything But The Girって知りませんでした。UK出身なんですか。関連HP読んでるとアコースティック・サウンドなんて書いてあって、こちらもゴスロリとは結びつかない感じで・・。獄本野ばらのセンス?!
インターポールも正直音の印象は違いますよね〜。ただ、黒ずくめのファッションとかがイケメンであるとか、ヴィジュアル面に秘密がありそうです。だったらBRMCはどうなるんだろう、という疑問もありますが・・。

チェチェン、ほんと身の危険と密接に結びついてきました。たぶんモスクワに滞在することになるので、以前のように地下鉄を吹き飛ばされたら避けようがないです。テロも内戦も国際化してきて、紛争の解決には国連レベルでの協力関係の構築が必要だと思うんですが、ロシアもアメリカのイラク同様、チェチェンに関しては他国の介入を嫌っているから、プーチンの在任中には解決しないでしょう。腹をくくって行くしかありません。
 
 もうご存知かもしれませんけど、欧米のニュースソースから拾い読みする極東ブログhttp://finalvent.cocolog-nifty.com/てのが最近人気らしいです。

日本語のままで日本語の曲ですか〜。高いところに目標をおきますね。なんでも、パフィーのアメリカ公演は一部で評価されたとかいう噂・・。でも、その条件をクリアするには、英米人の「英語こそ国際語」の意識が抜けないと、難しそうだなぁ。ラテン系も結局、英語に歌詞を書き換えないとアメリカではヒットしないみたいだし・・。期待できるのはインストゥルメンタルで進出してくれることですかねー。

車、ほんと気をつけてくださいね。こちらでは雪にタイヤをとられての事故が続発しているので。といってもそちらにお住まいなら危険度はご存知ですよね、杞憂でした。今度、友人の車でニセコあたりに行くことを考えているので、こちらの方が心配かもしれません。

では、36時間ぶりにベッドにもぐりたいと思います。おやすみなさい。
2005/01/11 21:10 by okagamin
okagaminさん、こんばんは。
うん、昨日は珍しい時間に投稿していますね(笑)。朝起きて夜寝る、というサイクルに戻れそうですか?

>インターフェロンって、調べたら肝炎とかに使うんですね。

人間の場合はC型肝炎などの特効薬として知られているけれど、麦はウィルス性の貧血の治療のために抗生物質として注射されたみたい。

麦が入院した日は心配で心配で一日中家で一人めそめそ泣いていた私がいる一方で、野良猫の治療のために十数万円も費やすことが果たして正しいのか?と冷静に自分自身を批判している私もいるワケで(笑)。

>ラスマス、泥沼に落ちて川に流されたりするんですか!楽しそうなPVですねー。

さすがにこのときはあの髪型ではありませんでした(笑)。

>Everything But The Girlって知りませんでした。

okagaminさんが「少林寺拳法少年」だった頃流行っていたの(笑)。My Little LoverとかEvery Little Thingとか、多分EBTGをヒントに命名されたのだと思います。EBTGは日本でもかなりメジャーでしたよ。インターポールと音は全然違うけれど、スノッブでアンニュイな雰囲気が共通しているかなぁ・・・と。この頃私はEBTGやシャーデーみたいな気だる〜い音楽を好んで聴いていました〜。

>チェチェン、ほんと身の危険と密接に結びついてきました。

プーチンも「ブッシュとイラク」同様、オイル絡みでチェチェンを手放そうとしないんでしたっけ?どこにいても危険とは隣り合わせかもしれませんが、もしもモスクワへ滞在することになったらくれぐれも気をつけてくださいね・・・


>もうご存知かもしれませんけど、欧米のニュースソースから拾い読みする極東ブログ

知りませんでした。斜め読みしてきましたが、国連関連の記事が面白かったです。


>期待できるのはインストゥルメンタルで進出してくれることですかねー。

インストだったら今までにもヒットしているみたいですよ。以前動かしていた天野清継氏サイトの2000年5月の日記を勝手に引用。(天野さん、すみません。)

-------------------------
今日と明日はレコーディング。今日は、チャプターワンレコード製作のスムースジャズ及びボサノバもの。明日はCOBA、及び今日の残り。

チャプターワンレコードは、アジアンニューエイジミュージック/PACIFIC MOON LABELをたちあげ、数多くのCDをアメリカ中心にリリースしていて、僕はそれらのアルバムに参加しています。その中の"EAST WIND"(邦題「風」)---曲とアレンジは古くからの仲間の京田誠一が主に手がけている---というアルバムが2月全米のニューエイジラジオチャート総合で第1位になりました。

そそそりゃ、すごいことです。おまけにノンプロモーション。3月は2位、4月は10位。ちょっとビッグニュースでした。
-------------------------

ちょっと前までは日本でこんな韓国ブームが起きるなんて考えられなかったのに、今やこの人気でしょう?だからアメリカで日本語の歌がヒットすることだってあり得ないことではないと思うの(笑)。

>車、ほんと気をつけてくださいね。

ありがとう。気をつけま〜す。

>今度、友人の車でニセコあたりに行くことを考えているので、

気をつけてね。。。写真楽しみにしています。

2005/01/13 00:21 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40577
トラックバック

Search this site