・・・好きなものクロニクル。
<< ターミナル | TOP | RED HOT CHILI PEPPERS >>
THE CURE
Boys Don't Cry
Boys Don't Cry

1980年にアメリカ、カナダでのTHE CUREデビューアルバムとしてリリースされたこのアルバムは、1stアルバム"Three Imaginary Boys"を編集してシングル曲などを加えたものなのだそう。(1990年再販)

ロバート・スミスのケバケバしいメイクの印象が強すぎて全く範疇になかったTHE CURE。でも1ヶ月ほど前「MTVクラシック」で80年代THE CUREのミュージックビデオを見てビックリ!まさに今の音なの。2000年以降UK音楽シーンにうわーっと出てきた若いバンドたちの音・・・。

一度ちゃんとザ・キュアーを聴いてみたいと思っていたら『MTV Icon』でザ・キュアーを特集、レイザーライトやBLINK 182がロバート・スミス本人たちを前にしてカヴァ・パフォーマンスを行っていた。(なんとマリリン・マンソンが司会よ。)レイザーライトがまるでオリジナル曲のように"Boys Don't Cry"を演奏しているのが→コチラで視聴可能。

ロバート・スミスがレイザーライトたちのパフォーマンスを優しいお父さんのようにニコニコ見ているのが微笑ましかった。

また番組ではTHE CUREに影響を受けた数多くのアーティストたちがインタビューに答えている。レッチリが「誰も気がついていないけれど"CALIFORNICATION"はTHE CUREの影響が強く出ているアルバム」と答えていたり、グリーンデイやグッド・シャーロットも彼らを大絶賛・・・。キュアーって本当にすごい人たちだったのねー。レイザーライトのジョニーが何度も「初期のTHE CUREは最高」「初期の」「初期の」と強調していたのが可笑しくて。

それで、ジョニー君お薦めの"Boys Don't Cry"を聴いてみることに。古いから音はペラペラしているものの、"Boys Don't Cry"は本当に良い曲で大好き。やっぱり食べず嫌いはダメね!ぜひ聴いてみて。

レーベルサイト>>
| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40569
トラックバック
2006/01/27 00:03
"Why Can't I Be You?" by The Cure ふと思いついて、ラブソングについて考えてみることにしました。ポップやロックというジャンル、または歌詞のある音楽全般において、もっともよくあるテーマは恋愛ですよね。アホか、というような薄っぺらい歌から(ほ
Gil-Martinの部屋

Search this site