・・・好きなものクロニクル。
<< CM STYLE | TOP | ピエール・マルコリーニ >>
delays
フェイデッド・シーサイド・グラマー
faded seaside glamour

イギリス・サザンプトン出身の4ピースバンド。

NME(イギリスの音楽雑誌)に付録としてついてたLIVE CD全14トラックの中で、既知のRAZORLIGHT、THE ORDINARY BOYS、22-20S、KEANEなどを除いて、*キラリ*と光っていたのがTHE KILLERSとこのDELAYSだった。

「ディレイズって?」とS君に尋ねたら「4人とも超イケメンだよ。」

即、購入決定ね(笑)。エンハンスドになっていても先ずCDプレイヤーに入れて音から入るのが私の定番だけれど、今回は最初にPVを鑑賞。ひゃー本当に美形です。VoとGのグレッグはV6岡田君をイギリス人にした感じ。Keyのアーロンは若い頃のブラピみたい(この2人は兄弟)。Bのコリンはジャズギタリストの小沼ようすけさん風(知らないか?)。この3人がイケメン。そしてDrのロウリーは・・・ローリー寺西に似ている(笑)。

ハイトーンヴォイスで全体的にはふわふわと甘い印象だが、NMEに入っていた#8 Stay Where You Are は独特の重量感がありぜひ聴いてみて欲しい(ライヴが上手い!)。PVとしても入っている#3 Long Time Coming はノリが良くて耳に残る。#7 Hey Girl は心地良くて好き。最初聴いたときは甘すぎ!と感じたが、どの曲もギターが意外と骨っぽく音に厚みがある。

ディレイズの所属するレーベルはラフ・トレード。ストロークス、リバティーンズ、ブリティッシュ・シー・パワーを擁するレーベルね。ラフ・トレードがディレイズと契約したということだけでも、彼らがタダモノではないということを証明しているのではないだろうか。
| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40534
トラックバック

Search this site