・・・好きなものクロニクル。
<< THE STONE ROSES | TOP | スウィングガールズ >>
THE MUSIC
WELCOME TO THE NORTH
WELCOME TO THE NORTH

今年のサマソニ・マウンテン・ステージのトリは1日目がMANDO DIAO、そして2日目がTHE MUSICだった。そのTHE MUSICの2ndアルバム。

グルーヴ感がすご〜い。言葉とフレーズのリフレインがぐるぐる渦を巻いて空へ上っていく感じ。民族音楽のように魂が揺さぶられ、本能が呼び覚まされるような・・・不思議とイマジネーションが沸いてきて頭の中にミュージックビデオのような映像が次々と現れてくるのだ。

1stはちょっと強引なイメージだったし、歌詞も「ねっねっねっねっねっねっ♪」みたいに何を言っているのか分からなかったが(笑)、今度のアルバムはゴリ押しがなくなり説得力が増している。歌詞もシンプルだけれど共感できて心に沁みる。

タイトル曲の"Welcome To The North"やシングルカットされた "Freedom Fighters"、そして"Breakin'"はMUSICらしくて気に入っている曲。"Guide" "Open Your Mind"は「え?これがMUSIC?」という感じだがとても好き。"Open〜"はちょっとジーンときてしまった。恐るべし21歳たち。

"Breakin'"につけられたロブのコメントは「現実社会の『メディアの恐怖』によって起こるパラノイアについて歌った曲。何が正解で何が間違いなのか、何が真実で何が嘘なのかわからなくなる現代にありがちなパラノイア(偏執症)についてね。」

ただロブのハイトーンヴォイスがダメな人にはダメかもしれない。私はJJ72やSAVAGE GARDENが好きだから、ロブの声も大好きだけれど。

タルト

Comariはただ今劇的に忙しく、日記は暫く書けない状況なのでDiary-Cは暫く外すことにした。Comari、カラダを壊さないようにね。

昨日は夫婦同伴のレセプションへ。原則として夫婦同伴だったのに、実際に夫婦で出席している人たちは少数だった。日本ではまだ夫婦単位で行動するパターンが確立していないのかな。退屈なパーティだったけれど、ま、時々ちやほやされに行くのも悪くないかもしれない。

しかし前日も夜中に「愛し君へ」を見て号泣していたので(苦笑)頭がぼ〜っとしていて、非常に危なかったのだ〜。

夫はセレモニーなどに出席するため一足先に会場入りしていたので私は自分の車で会場へ。駐車場に車を停めサイドブレーキを引いたら、隣りの無人の車がゆっくり動き出して「!?」。

ギアをPに入れたつもりがRのままで、自分の車が動いていたのだ。慌ててブレーキを踏んで無事だったが後ろの車との距離は多分数センチしかなかったと思う。本当にヒヤッとした。しかも後ろの車はベンツだったしねー(笑)。Comariみたいに仕事で睡眠不足ならまだしも、DVDに夢中になって睡眠不足では・・・。反省反省。
| CD/UK(イングランド) | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40512
トラックバック

Search this site