・・・好きなものクロニクル。
<< 愛し君へ | TOP | THE STONE ROSES >>
MANDO DIAO
HURRICANE BAR
HURRICANE BAR
マンドゥ・ディアオ

「やっぱり私はマンドゥが好きです。」

Sちゃんに感想メールを送ったら「そんな告白するみたいに宣言しなくても・・・ミーハーですな」と言われてしまった。

スウェーデン出身MANDO DIAO(マンドゥ・ディアオ)の2ndアルバム。オアシスやリバティーンズのようにツインヴォーカルで、イケメン・シャウト系のグスタフと、男っぽく安定した声のビヨルン。色の全く違うフロントマン2人のバランスが良く最初から最後まで捨て曲がない。

MANDOのイメージとしてはビヨルンの方だと思うが、今回のアルバムはグスタフが際立っているから「リバティーンズっぽい」という声が多いのかも。サマソニにサプライズでリバティーンズが出演、MANDOは袖でリバティーンズを楽しんだらしい。グスタフは彼らのファンみたいね(笑)。でも何と言われようと私はグスタフの曲も好き。"CLEAN TOWN" "YOU CAN'T STEAL MY LOVE" "ANNIE'S ANGLE" "IF I LEAVE YOU" "WHITE WALL" "YOUR LOVER'S NERVE"がお気に入りかな。(グスタフってロック系ミュージシャンの中で1番背が高いのでは?手足が長〜くてお洋服に困らないかしらと心配になるくらい。いつも袖丈がちょっと足りないような・・・。)

去年の私の中でMANDOはNo.1で、初の"着うた"も彼らの"the band"だった。(今は着うたや着メロは使わず普通の呼び出しベルを使用しているけれど。)去年に引き続き今年もサマソニにMANDOが出演、とても楽しみにしていたのに、ハウリングがひどく演奏も雑な印象でちょっと期待ハズレ、残念だった。(グスタフの顔を近くて拝めたのは収穫。)朝から1日中*タテノリ野郎*君たちの波間にもまれ立ちっぱなし、初日最後に出演したMANDOの時には疲労がピークに達していたというのもあるのかもしれないが。

サマソニでMANDOに関しては不完全燃焼だったので"hurricane bar"が発売されてもすぐには飛びつかなかったのだ。でも、手に取って聴いてみれば、今年もやっぱりMANDO DIAOが私の中では1番か2番・・・

「やっぱり私はマンドゥが好きです。」

秋の新作

アルジャジーラが討論番組の中でイラクで相次ぐ拉致事件への賛否を視聴者に尋ねたところ、電話による回答では「賛成」が94%に達したそう。民間人を人質に取り残酷にも首を切断、しかもそれをネット上で公開するという残虐行為をアラブ世界の多くの人々が認めるというのだ。先日もイラクの子どもたちを人道支援しているイタリア人女性が2人殺害されたばかり。「米国がイラク人殺害を続ける以上、当然の反撃」・・・このニュースは衝撃的だった。

何が正しくて何が間違っているのか。世界共通の"justice"は存在しないのだろうか。
| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(29) | | pagetop↑ |
コメント
おかげさまで風邪のほうは熱も下がって、
あとは咳退治をすれば快方に向かっています。
昨日は雨の中ちょっと無理をしてしまいましたが、
体重以外には影響はないようです。

mando とthe musicを買われたんですね!
残念ながらビヨルン派に与している私としては今回のアルバムの傑作を勝手にWhite Wallに決めてますが、それはそれとして、
是非ちゃんと聞いてみたいところです。
2004/09/25 14:45 by okagamin
あらあら。
本格的に風邪を引いてしまったのですね。
>体重以外には影響はないようです。
痩せてしまったということですか?
美味しいものを沢山食べて早く元気になってください。

日本はこのまま熱帯地方になってしまうのでは
とホンキで思いたくなるほど暑い日が続きましたが
こちらも朝夕はすっかり涼しくなって
着実に秋が近付いているようです。

*MANDOらしさ*は*ビヨルン*・・・とは
分かっております、ワタクシも(笑)。
hurricane bar・・・是非じっくり聴いてみて♪

MUSICも良いですよー。1stより2ndの方が好きです。
ハイトーンヴォイスが苦手な人にはダメかな。
彼らって83年生まれなのよね;;;
2004/09/26 00:27 by Nao
深夜二時にラーメン食べて・・(詳しくはHPで)。最近は体重計は見ないので恐怖です。朝起きたらホッペのモチモチ感も気になって、気分はこぶとり爺さん。
日本のスコットランドでも暑さはおさまりましたか。日本のアイスランドである当地はもうすっかり秋ですよ。そのうち紅葉前線が行きますのでよろしく。
musicはちと一枚目が苦手でして・・。二枚目も楽器隊が良くなってるのは分かるんですが、敬遠してしまいました。スターセイラーは視聴したらよかったので、セカンドから買ってみようかと。そのうち感想をUPしたいなと思っております。
関係ないですが、ここのケーキの画像が食欲を刺激して困ります。
2004/09/26 01:07 by okagamin
okagaminさん、こんばんは。
>朝起きたらホッペのモチモチ感も気になって
ん?キーンのアンパンマン・ヴォーカル
(いい加減名前を覚えてあげないとね)
みたいなの?(笑)

ヒロインが夫とニルヴァーナのコンサートで
知り合ったという設定の映画は
「死ぬまでにしたい10のこと」

昨年ノスタルジーで買ったCDはニルヴァーナと
ストーンローゼズ。
そしたらMUSICはSTONE ROSESみたいと
言われているそうで・・・
様々なことがリエゾンしていくようで面白いです。
2004/09/26 21:56 by Nao
naoさん、こんばんわ。
美声アンパンマンはトム・チャップリンでした。
いえいえ、あんな美しいリンゴほっぺじゃないですよ。
年を経てもっと傷んだ感じの。

「死ぬまでにしたい10の事」
悲しいお話なんでしょうね。
HPで確認したところ、ニルヴァーナがきっかけでつきあったのはアンとドンでしょうか。
ちょっと映画に興味がわきました。

>MUSICはSTONE ROSESみたいと言われている>そうで・・・
とは意外でした。
関係ないですが今年のグラストンベリーにはオアシスのノエルがSTONE ROSESのバッジをつけて登場したようです。
リスペクトしているミュージシャンはまだまだ多いのかもしれません。
LIVE FOREVERも特典つきのDVDで出るらしく、目移りしてしまう秋です。
あぁ、賭けボーリングなんてしなきゃよかった。
naoさんのリエゾンの旅が面白い所に行き着いたら、またブログに書いてくださいね。



2004/09/27 00:39 by okagamin
okagaminさん、こんにちは〜。

my life without me「死ぬまでにしたい10のこと」、母屋のシネマ日記に書いたものをコピーしますね。ちょっと長いけれど。

--------------------------

17歳で結婚し、2人の娘と失業中の優しい夫と、母親の住む家の敷地内、トレーラーの中で生活している23歳のアン。父親は10年間刑務所に入ったまま。そんな彼女が突然ガンで余命2〜3ヶ月と宣告されてしまい・・・

アンは今までの自分の人生を考えるのね。愛すべき人生だったと言えるのだろうかと。そして自分がいなくなった人生に思いを馳せるの。"my life without me"・・・。切ないけれど、私自身の生き方についても深く考えされられる映画でした。

最初のシーンはミュージックビデオのように美しく。アンが子どもと遊ぶシーンなどすっごくリアルで、まるでドキュメンタリー映画のよう。アンが遠くの刑務所に入っている父親へ会うために長い道のりを車で行くシーンは、アンの目線でずっとハンディカメラを廻し続けていて、台詞が全くないシーンさえとても饒舌。アンが自分が死んでしまったとしても世界は何事もなかったかのように動き続けいるのだと感じた時、スーパーマーケットの人たちが急にミュージカルを演じ始めたり。映像そのものがアートです。

アンがベッドに横たわり、すだれ越しに"my life without me"を見ているシーンでは私まで彼女と一緒に嫉妬しちゃった。その瞬間、彼女が『死ぬまでにしたい10のこと』の中へ『夫以外の男の人とつきあってみる』を入れたことに対し共感できたかな。

インディペンデント映画ならではの美しさと説得力がありますね。でも★5つにしなかったのは、癌ってそんなに単純なものではないでしょう?と思ったから。

夫・ドン役はアメリカTVドラマ『フェリシティの青春』(WOWOWで放送)に出演しているスコット・スピードマン。カッコいいです。監督・脚本はイザベル・コヘット。(02年スペイン・カナダ作品)

--------------------------

そうです。アンとドンがニルヴァーナのコンサートで知り合ったの。出会った場所がニルヴァーナのコンサート・・・映画の"色"がなんとなく伝わってくるでしょう?機会があったら是非見てみてね。

LIVE FOREVERのDVD、予約しちゃいました;;;昨夜私もここへ情報をコピーしたけれど、タワレコのショーバイに加担することないなーと思って消しました(笑)。LIVE FOREVERを渋谷シネマライズで見たコが「映画を立ち見で見たのは初めての経験だった」って。



2004/09/27 17:28 by Nao
naoさん、こんばんわ。
わざわざ母屋からテキスト持ってきて下さってありがとうございます。
なるほど、単に悲しいだけのお話ではないようで、前向きなメッセージの込められた映画のようですね。
機会があったら見てみます。自宅の近くにツタヤがないのが口惜しい。
>スーパーマーケットの人たちが急にミュー ジカルを演じ始めたり
こういう映像をサラッと入れられるところが洋画らしいですね。共感した部分は危険ですよ(笑)。

ストーンローゼズのベスト、同じの持ってます!個人的に「エレファント・ストーン」がお気に入りです。「LIVE FOREVER」は特典映像の方が本編より長いってどういうこと?と、だまされた気分で買ってしまいそうです。ま〜、立ち見でみる状況よりはいいかな。その方大変でしたね。
大変な時間にカキコして下さってますが、寝不足だけはほんと気をつけてくださいね。
2004/09/28 00:21 by okagamin
okagaminさん、おはようございます。
昨日はヒマだったので夕方ブログを書いていました。
今日はこれから夜までセミナーでお勉強。
脳ミソ溶けかかっておりますので辛い1日になりそうです・・・

>共感した部分は危険ですよ(笑)。
大丈夫。だって*23歳*という若さで
余命2〜3ヶ月という限定付きだからあり得ない(笑)。

今そちらのブログを読ませてもらったけれど
ビックリ〜
Blackmailはサマソニで見ました!
(ドイツのバンドなんですよね。)
ただ唯一途中でエスケープしたバンドで・・・。
なんかね、音が体質に合わない感じで
一緒に見ていた連れも「ボクもダメだ」ということで
抜け出してしまいました。
でも、熱心なファンが大勢いてかなり盛り上がっていましたよ。
私はビジュアルがダメだったのかもしれない;;;
↑またこれだぁ。私ってパラノイアかしら(笑)

また遊びに行きますね〜
2004/09/28 09:27 by Nao
naoさん、こんばんわ。
セミナーお疲れ様でした。
なかなか辛そうな感じですが、首尾よく受講できましたか。
こちらはいま研究室から戻ったところです。
ブログ更新は後回しにして、今日はこの後すぐ寝ます・・。

blackmailはもうデヴュー十年目ですから、
相当歳はいってるかもしれません。
おまけにヒゲ面で美少年系ではないですね。
アルバムの中の写真も虚脱した表情や黒く塗りつぶした顔でなかなかダークな感じです。

のんびり構えていたら九月ももう終わりです。昨日は中秋の名月と言うことでお団子をなぜか後輩から頂きました。mando買う前にfat boy slimの新作もリリースで強力なライバルが出てきてしまった・・。
また頭がちゃんと働いてるときにきます。
取り急ぎということで、おやすみなさい。
2004/09/29 02:57 by okagamin
okagaminさん、おはようございます。
昨夜セミナーから帰る時に空を見上げたけれど
中秋の名月は見られず残念・・・。
ススキとお団子を用意するのを忘れていました;;;
そういう古来の風習って大切にしたいですね。
okagaminさんも遅くまでお疲れ様でした。

fat boy slimは今来日しているんですよね。
fat boy slimはblur繋がりですか?
okagaminさんはオアシス派かと思ったら
blurにも相当思い入れがあるみたい?
(そういえばベントレー・リズム・エースって
どうしているんだろう。)

Blackmailがビジュアルでダメだったいうのは
冗談ですよ〜
もっとおなかの出たTHE DAMNEDは
ちゃんと最後まで見ましたから(笑)。

2004/09/29 07:03 by Nao
naoさん、こんばんわ。

ええぇ〜!来日してるんですか!
どうせここまでこないだろうとは思いますが、新作を出した後だけに行けなくて残念です。
blurは大学生の頃にoasisの対抗馬ということでベストを手にとってみました。異常なポップさに驚いた覚えがあります。でもblurはアルバムや曲によって鬱っぽくなったりするんですよね。いつも100%自信満々のoasiaとはそこが違うところで。友達にするならデーモンと気が合いそうですが、oasisには自分にないものを望んでいる部分が大きいです。
今度のfat boy slimにはデーモンが参加しているみたいで、そこも楽しみなところ。

スウィング・ガールのパンフはほんとカッコいいですね。今なんでビッグバンドか監督の意図はわかりませんが、「青春デンデケデケデケ」のように、高校生と音楽って映画の中では相性がいい気がします。出演者はそうとうがんばったんでしょう。

ベントレー・リズム・エースとTHE DAMNEDは初耳でした。naoさんのおかげで勉強になります。でもてっきり美少年好きだと思ってたた(笑)。
2004/09/30 00:16 by okagamin
>でもてっきり美少年好きだと思ってたた(笑)。
ぎくぅ
否定はできないです。でもこれから言動は慎みます(笑)。

デーモンは、デビュー当時あの容姿故にアイドル扱いされがちでそれをとても嫌っていたように記憶しています。日本でも同じで・・・私の場合、オアシスはもちろん顔より音が先に入ってきたけれど、ブラーは音より先に「顔」でした。blurは未だに模索を続けていてそれがデーモンの顔にも表れているような気がします。だからこそ、今後も楽しみでありますが。

ファットボーイ・スリムは、来日と新譜リリースが重なったからでしょうね、MTVでの露出度が高かったですよ。(ライヴは20歳未満お断り、顔写真入り身分証明証が必要ということで印象的。お酒を飲む場所だからかな。)インタビューでブラーのことを話していたと思います。

サンプリング系ではケミカル・ブラザーズとベントレー・リズム・エースのアルバムを持っていて、特にベントレー・リズム・エースのオマヌケな感じが好きでした。

ザ・ダムドは私もサマソニまで知らなかったの。でも、パンクの大御所としてセックスピストルズやザ・クラシュと並んで君臨しているらしいです。ちょ〜っとお下品だったけれど(笑)、パフォーマンスはさすがでしたよ。パンクのルーツを聴こうということかな、オーディエンスの年齢層は意外に若かったです。
2004/09/30 13:20 by Nao
naoさん、こんばんわ。

>でもこれから言動は慎みます(笑)。
いえいえ、美しいものを愛でたいのは人間の本性ですから。美しいもの大好き(変)。
確かにデーモンは当時を知らない私にも、さぞ女の子にもてんだったろうなぁ、と像像つきます。oasisはどうだったんでしょうね。未だに男のリスナーが多いんでは、とoasis嫌いの先輩のネタにされてます。
live foreverでも二組の性格の差がはっきり出ているようなので、早く見てみたいもんです。

MTVひいてるなんてうらやましい!fat boyは健全なコンサートになりそうで良かった、かな?最近タワレコに行ってませんでしたが、明日ぶらっといってみます。こちらのお店は夜八時に閉店ですよ!新宿の夜十一時まで開いている店舗が懐かしいです。

ケミカル・ブラザーズも去年初めて聞いた初心者っぷりですが、SETTING SUN にはやられました。カッコ良すぎです。今年もフジロックでだいぶ盛り上がったみたいで、新作が楽しみです。naoさんは色々なジャンルに詳しいようで、またおすすめがあったら教えて下さい。最近ちょっとロックから遠ざかりつつあり、新規開拓しようなかなと。よろしくお願いします。
2004/09/30 18:31 by okagamin
okagaminさん、おはようございます。

今日は台風一過、気持ちの良いお天気です。・・・ホント地方ってお店が閉まるの早いですよねぇ。ファットボーイ・スリムの新譜はいかがでしたか。

ラッキーなことに私には音楽ブレインが常に数名いてくれるの。ブレインは全員オトコなので、私の音楽ベクトルはちょっと男っぽいのでしょうね。お察しの通り、私が自分で見つけてくるのは「美少年系」が多いかな(笑)。

新しいところでブレインたちに好評なのは、22-20sとフランツ・フェルディナンド。レイザーライトは美少年系だけれど、私が見つけたのではなく(笑)ブレインに教えてもらって、サマソニで見ました。良かったですよ。

10月17日、MTVでUKロック特集をやるそう。何か収穫があったらお知らせしますね♪
2004/10/01 09:44 by Nao
naoさん、こんばんわ。

台風は実害なかったですか。さいわい北の大地に来る前に台風が温帯低気圧になって、ちょっと安心しています。十八号でわかったことですが、ここは雪には強くても台風には弱いですから。

fat boyの新作は視聴しましたが、半徹のせいかビッグビートの波には乗り切れませんでした。今度改めて聞いてみようと思います。
mandoの新作が手に入ったので聴いてみました。いずれあらためてエントリーしますが、一言で言うなら「モッズをやめてポップになった」というところでしょうか。グスタフ王子がご機嫌ですね。

ブレーンがいるとは心強い。私もブレーンというにははばかられますが、UKやJAZZについては先輩/師匠についています。自分の分野を開拓しようと、今後はアンビエントやクラブ系にも改めて力を入れるつもりです。
レーザーライトは私も持ってますよ。やはりgolden touchに一番惹かれます。自分の所のリンクに貼ってある「英国奇天烈・・」のところで、このバンドについてはちょっとした論争があるようです。今年はUKの新人が豊作ですね。

トム・ヨークがブッシュのスターウォーズ計画に反対するデモを打ったそうで。いずれこの話題もブログで扱いたいです。10月17日の件はめぼしいバンドがあったらどうぞよろしくお願いします。
2004/10/02 02:00 by okagamin
okagaminさん、おはようございます。

台風18号は本当にすごかったですね。ポプラ並木がバタバタ倒れてしまって。ちゃんと修復できるのか心配になってしまいました。

最近のトム・ヨークは大豆ペプチドを勧めてあげたいくらい(?)疲れているように見えましたが、また立ち上がったんですね。"アムニージアック"以降のアルバムはちゃんと聴いていないので、改めて聴いてみようかな。・・・この前イギリス議会の特集をTVで見て、イギリス議会は健全だなぁという感想を抱きましたワ。

教えてもらった「英国奇天烈・・」さんへ行ってきました。すっごく面白いですね☆ありがとう。

レイザー・ライト、確かにおっしゃる通りかも〜。でも私は、サマソニで見たアクトの中でかなり上位へランキングさせています。かっこ良いしぃ(またコレだ。)。イギリス人+スウェーデン人のバンドですよね?そこにも興味アリです。

そうそう、「英国奇天烈・・」さんの記事を読んで思い出したけれど、私がサイト管理しているギタリスト氏は、アメリカのレコーディングスタジオでばったりリンゴ・スターに遭遇したことがあるそうです。しかもトイレで(笑)。スゴいでしょ?
2004/10/02 09:37 by Nao
naoさん、おはようございます。
てゆーかおひさしぶりです。
まったくJUGEMには困ってしまいます。

>トム・ヨークは大豆ペプチドを勧めてあげ たい
大豆ペプチド、体にいいんですか。トムの代わりに僕が飲みます。

>イギリス議会の特集をTVで見て、イギリス 議会は健全だなぁという感想を抱きました ワ。
反対と賛成がはっきりしている所が痛快ですよね。どっちがどっちだかわからないわが国の「自由」「民主」党とはえらい違いで、生まれかわったらイギリス人になりたいです。

レイザー・ライトがイギリス人+スウェーデン人のバンドとは知りませんでした。ボーカル君は八重歯ですが、確かにかわいらしい感じですね(ちなみに私も八重歯ということでセーフ)。

天野さんはリンゴ・スターに遭遇したことがあるんですか!しかもトイレで?ロトシックス並みの確立ですね。うらやましい。ちなみに私の会った有名人ランキングで一位は中井貴一です(びみょ〜)。

こんなくだらぬコメントばかりで恐縮ですが、また遊びに来ます☆
2004/10/05 04:01 by okagamin
okagaminさん、そちらは寒いでしょう?どうぞまた風邪を引かないように気をつけてくださいね。

今日私はホープ・オブ・ザ・ステイツを聴いておりました〜

・・・リンゴ・スターの話は、短いけれど本人が語っている過去ログを。http://k-amano.com/diary-b/apeboard_plus.cgi?command=viewres&target=18

JUGEMはまたやってくれちゃいましたねぇ。メンテにこんなに時間がかかるところって珍しい。でも、引っ越すのは面倒だし。前回okagaminさんのところはデータが消えてしまったのでしょう?それは悲しすぎです。

教えてもらった「英国奇天烈・・」さんにレイザーライトをTBさせてもらおうかなと思ったけれど、なんだかタイミングを失ってしまった・・・。

ではまたね。
2004/10/05 18:25 by Nao
タイミングで言ったら自分のトラバも結構時期はずしてましたからね〜。
気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。
悪い気分になる人はいないと思いますよ。
下もいつも閲覧してるサイトなんですが、奇天烈さんのところよりもnaoさん好みかもしれません。
http://blanc.m78.com/
ここの管理人の方はほんと情報早いし、
アーティストに直接手紙は書くしで、
ほんと熱心さに頭が下がります。

リンゴ・スターは意外とガード固いんですね。ちょっとがっかりだ。前後の文章読んだ印象ですが、天野さんは遊び心のあるおもしろそうな方ですね。

追伸:
ブログ消滅のエントリー(初回)まで読んでくださってありがとうございます。感動いたしました。
2004/10/06 03:46 by okagamin
情報ありがとう〜

そうなの、名古屋はリバティーンズ+ホープ・オブ・ザ・ステイツ、しかもオールナイトだそうで羨ましい!(私の活動拠点は今も東京。リバもフランツも東京のライヴに誘われています。)ピーターが来ないのは確実、だから東京でも何かしらサポートがあるのではないかと期待はしているんですよ。フランツにもサポートがつくし。

okagaminさんのところはちゃんとさかのぼって、だ〜〜〜っと全部読ませてもらいましたよ。ナイス♪

奇天烈さんの「レイザーライトが良いと思えない」という書き方に全く悪意がないでしょう、だから面白かった・・・。自分と違う感想を読むのも好きです。

natsucoさんのところも教えてくれてありがとう☆彼女の口調って、普段私が現実世界の友人たちに向けて書いている文体とよく似ている(笑)。そうそう、あちらにMEWのぺージがあってビックリ。ついこの前「MEWもイイよ」と勧められたばかりだったの。でも今私は飽和状態・・・聞き流していました(笑)。早速聴いてみなくっちゃ。

近いうちにお2人のところへも足跡を残してきますね。サンキューでした。
2004/10/06 17:41 by Nao
naoさん、おひさしぶりです。
フランツやリバ、いいサポートがつくといいですね。リバはとうとうアルバムを買ってしまいました。
MEWはとってもおすすめできますよ。ポップスが好きな人も、ロックが好きな人にも両方に気にいられるバンドだと思います。今はセカンドの製作中だそうで、期待したいところです。ただnatukoさんの勧めるもうひとつのバンド・COPELANDはちときつかった・・。
いずれにせよ、MEWですばらしい体験を是非してみてください。
2004/10/08 22:54 by okagamin
okagaminさん、こんばんは。
MEW、聴きましたよ。ちょっとクランベリーズっぽい?

フランツのサポートはもう決まっているの。
名前は忘れましたが
ちょっとヘヴィなバンドみたいで
あまり楽しみにはしていません(笑)

リバのセカンドはどうでしたか?
レビュ書いてくださいね〜
Can't Stand Me Nowのコトバの転がし方が
私はすごく好きなんですよ。
ピーターとカールって愛し合っているのかな;;;
2004/10/08 23:40 by Nao
naoさん、こんにちは。
昨日投稿したんですけど、明け方は自宅のネットがつながりが悪くて・・。もう一度チャレンジします。

クランベリーズ!?またも知らないバンドが出てきました。MEWに似てるんなら要チェックです。フランツは予想が裏切られるのを楽しみに。LIVEレポート、ぜひお願いします。
Can't Stand Me Now、僕も好きです。アルバムの中で一番。あの曲のためにアルバム買ったようなものですね。ピーターの沈んでた声が全開になるところなんて、とってもリヴァっぽいな〜、なんて思ったりします。
>ピーターとカールって愛し合っているのか な
そうだと思いますよ!証拠も手に入れたので?近々感想と一緒にアップしますね。

hope of the state とってもお気に入りなんですね。エモバンドかと思ってたんですが、歌詞には注目してなかったのでチェックしてみます。こちら北の大地ではみれないんですが、hopeが下のテレビ番組で紹介されていたのでぜひ聴きたかったな。
http://www.ukjack.com/
NMEも手当たり次第お店をまわったんですが、こちらはもうてごたえなさそうです。う〜ん、地方はきついと感じる瞬間。ブロックパーティーとかどんな感じなんでしょう?

本の話。
舞城王太郎は『阿修羅ガール』と『熊の場所』を読みました。舞城に限らず、僕は00年代の新人(西尾維新とか)にはついていけません。でもぎりぎり『熊の場所』には共感できたかな。ところで以前naoさんが書評していた『プラナリア』、読んでみましたよ。「囚われ人のジレンマ」は境遇が似ている男が出てくるので、やけに印象に残りました。同僚の「自尊感情、低いから」という台詞がシビアですね。美都の気持ちは評し難いのでお任せしたいところです。

台風のせいでこちらも天気悪いです。こんな週末ですがお気をつけて。
2004/10/09 16:34 by okagamin
okagaminさん、こんばんは〜

HOPE OF THE STATESが気に入っているのかと訊かれると・・・あまりに重たくて、ずっと聴いているとウツになりそう(鬱)。それと生で聴いたときには感じなかったんだけれどCDで聴くとヴォーカルがあまり好きになれないんですよー。サマソニでのパフォーマンスは良かったです。ヴァイオリンが入るって、すごく新鮮でした。

最後に星条旗とユニオンジャックをMIXさせたものがバーンと映し出されて「?」と思ったら、イラク戦争への痛烈な批判らしい・・・。

BLOC PARTYは生では見なかったけれど、サマソニ特番でOAされたものは見ました。黒人の人がリードヴォーカルのバンドって異色ですよね。1曲しか聴いていないので何とも言えないけれど、ファンキーな印象?

クランベリーズは、okagaminさんのところで以前、ちらっと話題にしましたよ。okagaminさんのコメントで唐突に「恋する惑星」が出てきたから。フェイ・ウォンが歌っている主題歌の元歌はクランベリーズの"dreams"で、歌い方も完全にパクっています(笑)。今回MEWを聴いて「ぁ、またリエゾンした・・・」と思ったの。MEWはクランベリーズ(女性Voだけど)を冬の世界へ連れてきたような、そんなイメージかな。

「ゼロの波の新人」って言うんですか、ついて行けなくてもいいやって感じ(笑)。okagaminさんは本もたくさん読んでいるんですね〜。「囚われ人のジレンマ」は、そうだ、『彼』って院生でしたね。(okagaminさんのブログは修士課程の世界も垣間見られて面白いです。)

ukjack、ありがとう!知らなかったー。ローカルの場合地上波の深夜番組ってやらないんですよね。ムカツクことしばしば。でもBSフジは大丈夫なので今度見てみます。

またなにか面白いものがあったら教えてくださいネ
2004/10/10 00:01 by Nao
そうそう、okagaminさんのマネして引用は太字にしてみました。分かりやすいね。ありがとう。

okagaminさんが買ったリバのアルバムはエンハンスドCDですか?Can't Stand Me Nowでピーターがカールを見つめる目は完全にLOVEですよね;;;検証ヨロシク。
2004/10/10 00:14 by Nao
naoさん、こんばんは。

残念!輸入版で買ってしまったので、エンハンスドではないんです。二人のラブラブっぷりを見たいような、見たくはないような・・。今はカールの片思い中といったところでしょうか。とにかくこのまま解散したら悲しすぎます。

HOPEはなかなか骨があることをしますね。naoさんには批判されそうですが、そういうの大好きです。ロックの概念が自分でも古いのはわかってるんですが、そういう異議申し立ての仕方がカッコよくてあこがれちゃうんです。まだまだ「男の子」なんでしょう。
blokのボーカルはアフリカ系でしたか!アジア系も入ってるばんどですよね。なんだかんだロックが白人に席を占められてきたのは、歴史的な成り立ちも関係あると思いますが、これからはどんどん壁を打ち破ってほしいものです。そういえば以前紹介したモーゼズ・リロイもバンドをやってましたが、その世界でアフリカ系がマイノリティである圧迫感からソロに移った、みたいなことがブックレットに書いてありました・・。

クランベリーズの件はほんとうにすいません!近頃ぼーっとしていることが多くて記憶力低下中ということでお許しください。ますます興味を持ったので、次は忘れません・・。修士課程の世界の世界はここで詳しく述べませんが生殺しの「煉獄」です。

BSフジまでつながれてるとはほんとうらやましい。ぜひ番組を堪能してください。さて、また研究ロードへ戻って走ってきます・・。秋の連休楽しんでくださいね。
2004/10/11 00:47 by okagamin
okagaminさん、おはようございます。

連休中は何処へ行っても混んでいるし今日は家でおとなしくしている予定です。

リバティーンズの写真見ました。映像では何度も見ていても、あぁして切り取るとピーターとカールはヤバいですね、確かに;;;

日本盤にはアルバムバージョンの"Don't Look Back Into The Sun"がボーナストラックとして入っています。改めてEPバージョンを聴くと、キッチリし過ぎていて逆に面白くないの。零れ落ちそうに危ういアルバムバージョンの方が私は好きですよ。(私ってヘン?)アルバムのラリった感じはある意味狙っているというか、演出なのではないでしょうか。

>HOPEはなかなか骨があることをしますね。
>naoさんには批判されそうですが、そういうの大好きです。

いえいえ、私もレディオヘッドやU2のそういうところをとても尊敬していますよ。HOPEの『星条旗とユニオンジャックの合体』にも感服。ただ、HOPEのレーベルサイトのTEXTに「メッセージソングが◎で他はゴミ!」みたいなことが書いてあったのが気に入らないの。それって、自分勝手な正義を振りかざしている人と同じ次元なんじゃないの?って。

GREEN DAYの今ヒットしているAmerican Idiotのミュージックビデオを見たことありますか?巨大な板に描かれた星条旗の前でGREEN DAYが歌っていて、2番になると星条旗のペイントが*どわ〜〜〜っ*と緑色の洪水で流れ落ちるの。HOPEの『合体国旗』と同じくらいインパクトあります。

PVだと一部歌が消されて無音になっているんですよ。何て歌っているんだろうと思ってリリックを拾ってきました。(著作権法違反だけど、ま、いいか。)


Don't wanna be an American idiot.
Don't want a nation that under the new media.
And can you hear the sound of hysteria?
The subliminal mindfuck America.

Welcome to a new kind of tension.
All across the alien nation.
Everything isn't meant to be okay.
Television dreams of tomorrow.
We're not the ones who're meant to follow.
Convincing them to walk you.

Well maybe I'm the fuckhead America.
I'm not a part of a redneck agenda.
Now everybody do the propaganda.
And sing along in the age of paranoia.

Welcome to a new kind of tension.
All across the alien nation.
Everything isn't meant to be okay.
Television dreams of tomorrow.
We're not the ones who're meant to follow.
Convincing them to walk you.

Don't wanna be an American idiot.
Don't want a nation controlled by the media.
Information nation of hysteria.
It's going out to idiot America.

Welcome to a new kind of tension.
All across the alien nation.
Everything isn't meant to be okay.
Television dreams of tomorrow.
We're not the ones who're meant to follow.
Convincing them to walk you.


mindf***やfu******やredn***などが消されているのね;;;

GREEN DAYってノー天気なおにぃちゃんたちだと思っていたのに、やるじゃん、かっこいい〜って感じです。

MUSICも、1stでは歌詞を重視していなかったのに、今度のアルバムでは政策やマスコミへのアンチテーゼをきっちり歌っています。まだ21歳なのに。世の中捨てたもんじゃありませんね。で。日本はドウダロウ・・・

すみません、また長くなってしまいました。研究、がんばってくださいね。

・・・サマソニ・ダイジェストのビデオ差し上げましょうか?
2004/10/11 08:38 by Nao
naoさん、こんばんわ。
私も研究室でおとなしくしていた連休でした・・。連休って・・。

 American Idiotはnaoさんのブログ読む前に視聴してきたばかり、しかも読み終わったあとにお店で流れていたりと、気になっていたところでした。これもリエゾン? ともあれしっかり歌詞を読むまでただのパンクだと思っていたので、なかなか過激な三人組に注目しています。曲も好きだし、アルバムの評価も他のブログで高いですね。しかしこれがUKやUSの一位をとるってのは、若い人の間では相当鬱積がたまってるような気がします。わざわざ持ってきてくださりありがとうございました。musicもなかなかやるなぁ。

「Don't Look Back Into The Sun」はそういう聴き方もできるなんて、リバも果報者ですね。あのラリッてるのが演出というのは、無理やりラリッてるピーターを連れてきて録音したという意味なら、やはり演出なんでしょう。実際は新しいアルバム出さないと経営的に苦しいといったところでしょうか。ともあれあのアルバムでトップ10に入り、シングル一位にするとは大したもんです。最近は解散説もしきりに聞こえてきていてるので、寂しい限りですが・・。

 サマソニ・ダイジェストのビデオのお話、ほんとありがとうございます。ただ、我が家にはビデオデッキがないんです・・。お気持ちだけでも有難く受け取りました。とてもうれしかったです!

 ところでスターセイラーはファーストを買いました(配送待ち)。グランベリーズはおすすめはどのアルバムですか?
2004/10/12 20:38 by okagamin
okagaminさん、こんにちは。研究の方は進んでいますか?

GREEN DAYはAmerican Idiotで*初の*全米1位を獲得したそうですね。前からけっこう好きでアルバムも1枚(WARNING)持っていますが、まだ1位を取ったことがなかったとは知りませんでした。

「American Idiotアメリカのバカ」がUKで1位を取るのは良いとして、UKのラジオチャートを見るとホントにこれはイギリスのチャート?と思ってしまいます。アメリカの曲にかなり侵食されていますよねー。

未だに百年戦争を引きずっているの?と思うくらいフランスとは仲が悪いのに、アメリカに対しては迎合している感じ?

映画「ラヴ・アクチュアリー」で、ヒュー・グラント演じるイギリスの首相がアメリカ大統領の前で「アメリカの言いなりにはならない!」と演説して聴衆は溜飲が下がる、というシーンがあったけれど・・・UKのミュージシャンたちはチャートを見て「なんだかなぁ」と思っているのではないでしょうか(笑)。

クランベリーズで私が持っているアルバムは比較的最近のものばかりなんです。99年のBury The Hatchetと01年のWAKE UP AND SMELL THE COFFEE、それと今年買ったベスト(02年)。アルバムとして好きなのはBury〜だけど、一番好きな曲はdreams・・・。どれをお薦めしたら良いか迷いますぅ。クランベリーズってピュアで美しい曲もあれば、IRAに対するアクの強いメッセージソングもあって(かなり泥臭い)、う〜ん難しいです。買う前に、後悔しないよう必ず試聴してね;;;

サマソニ・ダイジェストはDVDにも落とせるので「やっぱり見てぇ〜っ」と思われたら遠慮なく、サイトに置いているフォームメールからドウゾ。カサビアンもオーディナリーボーイズもレイザーライトもマンドゥもクリブスもハイヴスもTHE FAINTもBLOC PARTYも・・・。ただし全部で10時間!!一気に見なくても良いのについつい続けて見てしまい、体調を崩してしまうのは間違いない(笑)。
2004/10/13 17:28 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/40510
トラックバック

Search this site