・・・好きなものクロニクル。
<< トゥルーへの手紙 A LETTER TO TRUE | TOP | THE KOOKS >>
THE BASEMENT
THE BASEMENT
北アイルランドのオマーからリバプールにやってきた4人組。'03年にシングル「Medicine Day」でデビュー。フォークの神様、ボブ・ディランの'65年のアルバム『Bringing It all Back Home』収録曲"Subterranean Homesick Blues"の「Johnny's in the basement. Mixing up the medicine♪」という歌詞からバンド名とデビュー曲のタイトルを拝借したという、20代らしからぬ趣味の持ち主達。しゃがれたヴォーカル、アコースティック色の強いシンプルなサウンドは、ディランのみならず、60年代フォーク、カントリーからの影響を受けたものだが、ツッタカいったテンポが速くノリの良いビートの曲も多く、そんなところに若者らしさを感じることが出来る。カントリーもデルタソニックを経由するとやはり一癖無しには済まないようだ。'03年に「Slain The Truth (At The Roadhouse)」、昨年は「Do You Think Youre Moving On?」とスローぺースに計3枚のシングルをリリース、今年中にデビュー・アルバムが出ることを期待。(DELTASONIC/Sony Music)


Medicine DayMedicine Day

Medicine Day (Listen→)

保護猫の"雫"(♂)が甘えるときにTHE BASEMENTみたいな声を出すのですよ(笑)。



デルタソニック・サンプラーの中に入っている"Medicine Day"、私は基本的にフォークやカントリーはあまり好きではないし、好みの声ではないのだけれど、なんだか耳に残る曲・・・。

◎オフィシャル
 http://www.thebasement.co.uk/

シズクです。↓
Shizuku



■■追記(2007年6月10日)■■
YouTubeに映像がありました。

The Basement - Medicine Day


| CD/UK(スコットランド・北アイルランド) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
およ、か〜わいい、雫ちゃん。
このフローリングもいいな〜。
2006/01/11 00:45 by fuji
fujiさん、おはよ〜ございます〜
魚拓ならぬ猫拓みたいでしょ(笑)
雫は膝にすぐ乗るし、抱っこが大好きなんだけど、時々不必要に逃げ回る
(バスケットに入れられ病院かペットシッターさんの所へ連れて行かれると勘違い?)
ヘンな猫なんですよ。(もうすぐ生後9ヶ月)
すでに3キロを超えているのでミックちゃんより大きいかも〜
2006/01/11 09:00 by Nao
ミックは4キロ越えてますよ。
でもアメショ系のオスにしては小さいかもしれません。
ミックも床暖房つけるとこんなふうになります。
2006/01/11 21:58 by fuji
ミックちゃん、4キロ超えたんですか。
ミックちゃんは童顔でいつまでも子どもみたいで可愛いですよね〜。
(ルビーちゃんは普段はエレガント、でもテーブルのご飯をくんくんする顔がお茶目。)
保護猫SAKUは女の子だからかちょっと小柄で
長毛のレンは5割増しで大きく見えるし(笑)3匹とも大きさがまちまちです。
そして我が家の先住の猫たちは8キロ前後;;
ミックちゃんの2倍です・・・恐ろしい。
2006/01/11 23:11 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/394209
トラックバック

Search this site