・・・好きなものクロニクル。
<< THE CORAL/Invisible Invasion | TOP | きょうの我が家の猫村さんたち >>
BEAT CRUSADERS/MUSICRUSADERS
MUSICRUSADERS(初回生産限定盤)MUSICRUSADERS(初回生産限定盤)
2005年9月

ヒダカトオルがDJとして主演するFM802のレギュラープログラム『Music Freaks』の月1人気コーナー『Musicrusaders』でオンエアされた楽曲を中心に構成されたカバーアルバム。コーナーでは毎月ビークルにカバーして欲しい楽曲を募集、そのリクエストに答えて次の月でそのカバーを発表するという企画で、リスナーから発売はないのか?と熱い要望を受けて、今回の発売が決定。(HMV)



テクノっぽいアレンジだけれどオリジナルを大切にカヴァしている"There She Goes"、リアム風"Instant Karma!"、サザンの"希望の轍"がびっくりするくらい良いです。

1. The Disappointed (XTC)
2. I Can See Clearly Now (JIMMY CLIFF)
3. New Song (HOWERD JONES)
4. Sky High (JIGSAW)
5. Imagine? (セルフカヴァ)
6. There She Goes (THE LA'S)
7. We're All Alone (BOZ SCAGGS)
8. Instant Karma! (JOHN LENNON)
9. Dancing Queen (ABBA)
10. 希望の轍 (サザンオールスターズ)
11. Against All Odds (PHIL COLLINS)
12. Reality (RICHARD SANDERSON)

初回限定盤はラジオ番組仕立てになっており、ジングル、CM、ラジオドラマまで挿入され凝った作りだけれど、2回目からはDJ部分をとばして聴くことになるので・・・あまり必要ないかもしれませんね。すごく面白いですが。

BEAT CRUSADERSは下ネタ連発で下品なイメージ強いとはいえ、このアルバムからは彼らの音楽に対する「真摯」さが伝わってきます。アニメBECKの主題歌で高校生など若年層にもファンが広がり、その若いファンたちに、もっと洋楽の良さを知って欲しいという思いでこの企画が始まったそう。選曲は実際のFM802番組内リクエストが中心ゆえバラエティに富んでいますが、ラーズを選ぶなんてニクイですね。

公式サイトを開くとM-2 I Can See Clearly Nowが流れます。
◎公式サイト
 http://www.beatcrusaders.net/


ビークル

メジャーファーストシーズンを華々しく飾りながらも、ヒダカトオル、現在37歳。バンドメンバー平均年齢33歳にして脱サラロールモデルとなった感のあるBeat Crusaders。(HMV)
| CD/日本 | permalink | comments(8) | | pagetop↑ |
コメント
ラーズからハワード・ジョーンズまで・・・。幅広いですねぇ。何気にBOZ SCAGGSとABBAも気になるなぁ。
FM802でそんなことやっているんですね。最近FM聴く機会が無いのですが、面白い企画やっているのですね。
2005/11/21 14:08 by kid d
kid dsなん、こんにちは。
これ、なかなか面白かったですよ。
ABBAのはヒダカさんではなく、カトウさんが歌っているそうで、可愛らしい仕上がり。
でも・・・まさかBOZ SCAGGSやABBAをリアルタイムで聴いていらっしゃったのではないですよね??
"There She Goes"、"Instant Karma!"、"希望の轍"は本当に良いですよ〜。
2005/11/21 18:08 by Nao
さすがに、リアル・タイムではないですよ(笑)。
ちなみに小学低学年の時に「チャコの海岸物語」を買った世代です。
2005/11/21 21:31 by kid d
>さすがに、リアル・タイムではないですよ(笑)。
あぁビックリした。お話する口調に気をつけないといけないかと思いました(笑)
でもサマソニでは、ティアーズやイアン・ブランのオーディエンスが若くてびっくりしました。
STONE ROSESやスウェードをリアルタイムで知らない人たちが彼らを崇拝しているんですね。
2005/11/21 21:41 by Nao
Naoさん、私もこのCD買った^^
Naoさんのサマソニレポで書いてあった「彼らのナマ顔を、初めて見ました。・・・意外と普通。」というのがいまだにツボです。
このCD、"There She Goes"、"希望の轍"すごく良かったですよね。There She GoesはLA's復活情報の前にやったらしいですよ。コレ彼らの懐の深さがすごくわかる作品ですよね。時々こういうのをやってほしいなぁ。
2005/11/22 00:36 by ぴら
私のお邪魔するブログの中で、このCDを持っている可能性があるのは*ぴらさんだけ*だろうと思っていました。期待通りで嬉しい(笑)。ラーズを復活情報前に録音していたとは!やりますねぇビークル。There She Goes、本当に驚くくらい良いですよね。すごく気に入っています。
ぴらさんとツボが本当に似ているみたい☆
2005/11/22 08:23 by Nao
どうもです。
聴きましたよ。レンタルですけど。
ラーズも良かったですけど、ジミー・クリフとサザンが良かったです!これを聴いた後は、結局サザンのベストを聞くことになりました。曲間やライナーの対談も楽しめましたよ。
2005/12/03 15:30 by kid d
kid dさん、どうも♪お聞きになったのですねー。
「希望の轍」は改めて、名曲なんだなーと思いました。すごいなサザン。 最近ベストが出たんでしたよね?連れが買うかもしれないな(笑)
私はロッキンオンを買ったら渋松対談は必ず読んでいるので(意味不明な話題も多いけれど面白いですよね?)、松村さんとヒダカさんの対談は可笑しかったです。特に一番最後の司会者のオチが・・・。
2005/12/03 17:48 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/354672
トラックバック

Search this site