・・・好きなものクロニクル。
<< SILVERCHAIR | TOP | ダブルウエア >>
Sigur Ros
Takk…
Takk…
シガー・ロス 2005年9月

アイスランド出身4ピースバンドのSigur Ros。1997年に『Von』でデビュー。
2002年10月に発売された3rdアルバム『( )』(音楽に集中する為にトラックにもタイトル等は付けられていない)は、孤立したバンドがどれだけ商業的な考えを押しのけることができるのかを勇敢にも証明。第46回のグラミー賞オルタナティヴ・ミュージック・アルバムにノミネートされる。

2003年の夏、グラストンベリーとロスキレで行われた輝かしいステージを最後にツアー活動が中止。New Album制作中もマース・カニングハム・ダンス・カンパニーのために、Radioheadと共に曲を提供するなど、さまざまなサイド・プロジェクトに参加。

2005年夏には、フジロック・フェスティヴァル05のWhiteStageにヘッドライナーとして出演、観客を魅了した。

EMI移籍第1弾となる今アルバム『Takk...』から先ずはM-2 グロウソウリのPVをどうぞ。コチラ→(MediaPlayer)

ロックでもなく、ポップスでもなく、クラシック音楽のような壮大さと、宗教音楽の持つスピリチュアルなものを感じます。Sigur Rosの音楽に対し「癒される」という表現がよく使われていますが、私が最初に思い浮かんだ言葉は「畏怖」。美しいけれど、少しだけ不安な気持ちに襲われてしまったのですよ。未知の世界に引きずり込まれるような・・・。今回ほどレビューを書くのが難しい、と思ったことは今までに一度もなかったですね。不思議な感覚で、言葉では容易に表現できなくて。

そういえばtomoraさん(→)も、「具体的なレビューが思い浮かばないので感覚で書いた」とのことでした。

WOLFGANGさん(→)のレビューもお薦め。2nd、3rdのレビューと合わせて読めます。コチラ→

東芝EMIのページではアイスランド特集まで組まれ、フジのライヴ・レポやシガー・ロスへのインタビューなど盛り沢山。
レーベルサイト→
オフィシャルサイト→


シガー・ロス

輸入盤は紙ジャケット。シンプルでステキです。でもシンプル過ぎてブックレットも何も一切入っていませんでした〜。

フィガロ・ジャポン10月20日号(10月5日発売)ではアイスランド音楽が特集され、シガー・ロスのインタビューも掲載されるそうです。
FIGARO JAPON→

死ぬまでに絶対に見ておきたいものの一つが、オーロラ。アイスランドでもオーロラが見られると聞いたら、ますますアイスランドへ行ってみたくなりました。
| CD/ヨーロッパ | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
コメント
 いつも私のブログ紹介してくださってありがとうございます!
オーロラって現地の人にとってはいいものじゃないんですよね。
それ聞いたときはええーっつ!って思いました。あんなに幻想的で幽玄な世界が現実になるのにーと思って。私もスウェーデンやアイスランド(って場所がわかりません)とか北欧系にあこがれます。
 もう少ししたら、ライブ行ってきまーす。(邦楽です)
2005/09/25 13:33 by TOMORA
tomoraさん、こんにちは。
昨日、コメントもつけようと思ったのに、Livedoorが重くてダメだったんですよ。
また改めてコメントしにいきますね〜。
今日は100Sですよね?入院中に聴いて癒された、というのが印象的でした。
台風は大丈夫?・・・て、もう出かけてしまったか。

>オーロラって現地の人にとってはいいものじゃないんですよね。
私もええーっつ!です(笑)。オーロラは私の憧れなのに。
アイスランドも、行くと日本人観光客にたくさん遭遇するのかなぁ。

私はこれから映画に行ってきまーす。(邦画です)←パクリ
2005/09/25 17:33 by Nao
フィガロの記事が出たので、再度TBさせていただきました。とてもいいインタビューでしたよね。他のアイスランド・アーティストもぜひご注目くださいね!
2005/10/09 01:52 by 小倉悠加
小倉さん、コメント&TBありがとうございます。
良かったー。フィガロを買うのを忘れるところでした。
ありがとうございます。さっき早速買ってきました。
読んだらフィガロの記事を書いて(アイスランド特集を特に、)
小倉さんのところのレーベルをリンクさせていただきますね。

余談ですが・・・
私はカーペンターズも大好きで、紙ジャケットのCD BOXも持っております。
今度改めてライナーノーツを読んでみよう・・・。
※小倉さんはカーペンターズのライナーノーツの殆どを書いていらっしゃるそうです。
2005/10/09 20:22 by Nao
TBありがとうございます!
シガーロスを聴いた感覚を言葉にするっていうのは、すごく難しいですよね。
でも、どうにかして伝えたいって感じで。
ではでは、これからもよろしくお願いします。
2006/04/15 01:29 by ゆう
ゆうさん
こんにちは。こちらこそTB&コメントありがとうございます。
TB返しだけでコメント残さず失礼しました。
シガーロスは本当に独特の世界ですよね。
とても美しいけれど、癒されるというより私は
ちょっと恐怖のようなものを感じてしまいます。。。
こちらこそ、これからもどうぞよろしく〜。
2006/04/17 17:21 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/298701
トラックバック
2006/04/12 03:54
シガー・ロス Takk… アイスランド発、世界で最も美しい音を奏でるバンド!! こんな神秘的な音世界を聴いたのは、本当に初めてだった。 ジャンル的にはなんていうのかわからないし、そんなことはどうでもいいけれど、とにかく、言葉にできないような感動
ユウユウジテキ!!
2005/12/18 09:03
職場は渋谷なのですが、いつも青学、クロスタワーの方にしか行かないんですけど、 センター街側の街並みは本当にクリスマスモードですね。 普段からピカピカというかギラギラな街が木のライティングにより一層光をはなってて、えらいことになってますね
mostalgy
2005/10/16 18:32
Takk... Sigur Ros アイスランド出身の4ピースバンド、シガー・ロスの4thアルバム。 彼らのことは前作『( )』リリース時から知ってのだが。 このタイトルがないという作風やライヴではギターを弓で弾いたりと、 あまりにも独創的で奇抜なスタ
fullfathomfive
2005/10/09 01:51
 2005年10月5日発売の『Figaro Japon』でのアイスランド音楽特集、ご覧になりましたか?アイスランド音楽ファン必見です!!  この特集を記念して、ICELANDiaのブログでも何回かに分けて特集しようと思います。マニアックな部類ですが、「へぇ、アイスランドの音楽
ICELANDia レーベルブログ
2005/09/26 00:50
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。    『Takk』私も聴きました。大型店やよく知っているところは、シガーロスの『Takk』とこのバングギャングを同じ試聴器に入れいるようです。私も渋谷のタワーで見かけました。シガーロスのニュー・
ICELANDia レーベルブログ

Search this site