・・・好きなものクロニクル。
<< ヨーグルエステ リズムアップパック | TOP | starsailorの新曲 >>
HER SPACE HOLIDAY
ザ・パスト・プレゼンツ・ザ・フューチャー
THE PAST PRESENTS THE FUTURE
HER SPACE HOLIDAY
2005年9月

サンフランシスコのハードコア・バンドで活動していたマーク・ビアンキが、1996年からスタートさせたソロ・ユニット、Her Space Holidayの6thアルバム。彼ら最大の特徴でもある夢見心地なメロディはそのままに、オーケストレーションやエレクトロニカ・テイストを大胆に導入したサウンドは、ベッドルームを抜け出し、レディオヘッドやビョークにも通じる壮大な世界観を確立。唄、リズム、サウンドが一体となって清涼感溢れる音楽を形作り、これまで以上に洗練されたポップなメロディーがグルーヴ感の増したビートの波に乗る!(TOWER RECORDS)

サンフランシスコのマーク・ビアンキによる宅録ソロ・ユニット。「宅録」だから「ベッドルームを脱け出し世界へ」というキャッチコピーが使われているのですね。今年のサマソニにも出演してしたとは・・・(@HMV DANCE TENT)

tomoraさんからHER SPACE HOLIDAYを教えてもらった直後にrockin'on10月号の付録CDにM-1 Forever And A Dayが収録されていて聴くことができ、こういう不思議な出会いは大切にしているので(笑)購入。エレクトロニカ系なのに、アナログ的な温かみがあって、心がゆるみます。買って良かった。

M-9 THE GREAT PARADE はビートルズの"Here Comes The Sun"をモチーフにしている
here comes your son here comes your son
here comes your son here comes your son

が面白いし
i pushed my insides outside living here for far too long

この部分の語呂が耳に残ります。

M-10 THE PAST PRESENTS THE FUTURE の最後に入っている、窓からこぼれ聞こえてくる鳥の鳴き声や近所の犬の鳴き声がとてもリアルで、まさに日常の朝の空気。我が家の猫たちが毎回犬の鳴き声に反応して可笑しいです。
自分の過去について考えると
そこで起きたいくつもの出来事には
僕の前に現れては消えた重要な人たちがたくさん登場する
後悔とは未払いの請求書のようなもの
君のすべての行動をコントロールしてしまう
君がもし乱暴に対処してしまえば
その結果は必ず自分に跳ね返ってくる
過去、現在そして未来、さあ君の目を覆うその手をどけて
君の人生に残された物の中を君が走り抜けていく時
みんなに手を振ることができるように
(THE PAST PRESENTS THE FUTURE)

1. Forever And A Day
2. Missed Medicine
3. The Weight Of The World
4. Self Helpless
5. You And Me
6. A Small Setback To A Great Comeback
7. The Good People Of Everywhere
8. A Match Made In Texas
9. The Great Parade
10. The Past Presents The Future
****
11. Love Is Just An Excuse(Spell It Out)
12. Until The Kitchen Sinks

Her Space Holiday

「ハードコア」出身には驚きましたが、その名残で両腕にはびっしりタトゥがあるそうで、(この写真では分かりませんが)本当だ、長袖からのぞいた手には指にまで!

公式サイト→

HER SPACE HOLIDAY with THE AMERICAN ANALOG SET 来日ツアー日程

10月2日(日) 渋谷 O-nest
10月3日(月) 松本RIDEOUT
10月4日(火) 大阪2nd Line
10月5日(水) 名古屋得三
10月7日(金) 金沢AZ HALL
10月10日(月・祝) 渋谷duo music exchange
| CD/US・CAN | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
 「買ってよかった」
この一言でとても安心しました。
 歌詞の内容、かなりハードですよね?この人歌詞は実生活がかなり反映するって話てたから、けっこう赤裸々に歌ってるんですよ。
 ロッキングオンの収録曲、みなさん結構好評みたいでHSHファンが一気に増えそうで嬉しいです。(といっても私もファンになったの1年くらい前ですけどね)
2005/09/18 19:14 by tomora
tomoraさん、こんばんは。
昨夜はサマソニ特集を見終わってからUPしたので
もう眠くなっちゃって、コメント残さずにTBだけで失礼しました。
気に入りましたよ〜。好きです、こういうの。ありがとうございます。
『後悔とは未払いの請求書のようなもの』
この表現、すごいなと思いました。
ブライト・アイズやTHE STEETSも歌詞が短編小説のようだけれど
HSHも歌詞カードを読むと面白かった。。。
2005/09/19 01:09 by Nao
こんにちは。
今ごろ、しかもいきなりコメントを書いてしまいました。
ごめんなさい>_<
でも最近好きになってしまったので『あぁ゛!!』
という感じです.. もっとはやく知っていればな。
歌詞も面白いだなんて!!なんてすばらしいのでしょうこの人は…

i pushed my insides outside はヒトデを思い出してしまいました ..hahaha  とにかく大好きだな! 
2006/06/23 21:11 by meilu
meiluさん
こんにちは、はじめまして。
「ごめんなさい>_<」だなんてトンデモナイ、過去ログへのコメント、大歓迎です。
ありがとうございます。
私がHER SPACE HOLIDAYを知ったも決して早くはないし、
meiluさん、全然大丈夫ですよ〜。
HER SPACE HOLIDAYに出会えて良かったですね♪
実はこの後、私は彼のライヴへ行ったのです。。。
http://blog.e-rose.her.jp/?eid=317889
今自分で久しぶりに読んで、そうそう、マークのガムの匂い!(笑)と懐かしかったです。
ライヴは期待以上でしたよ。再び来日してくれると良いですねぇ・・
これからもどうぞヨロシク。
2006/06/23 23:20 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/295145
トラックバック

Search this site