・・・好きなものクロニクル。
<< monoral | TOP | HELP: A DAY IN THE LIFE >>
チャーリーとチョコレート工場
charlie AND THE CHOCOLATE FACTORY

CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

監督:ティム・バートン
原作:ロアルド・ダール
脚本:ジョン・オーガスト
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー
40年以上も世界でベストセラーになり続けている「チャーリーとチョコレート工場」を映像化したファンタジック・ムービー。鬼才ティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組み独特の世界観を作り出した。共演に『ネバーランド』のピーター役で天才子役として世界中から注目を集めたフレディー・ハイモア。

独特の色彩感覚のティム・バートン・ワールド。痛快・ブラック・ファンダジー・heart-warmingコメディに仕上がっていて、心から楽しめました。公開初日ということもあってか、遅い時間であったにも関わらず満席。

今度のジョニー・デップはすごく可愛かった!フレディ・ハイモアは、ピュアな瞳に彼の人柄の良さがにじみ出ていて、平凡な少年チャーリーのイメージにぴったりです。奇想天外な物語の中で彼の普通ぽさが、バランスを保つのに大切な存在。

チャーリーのお母さんは『鳩の翼』のヘレナ・ボナム=カーター。『ビッグ・フィッシュ』では魔法使いのおばあさん?を演じていました。お父さんは『あの頃ペニー・レインと』のスティルウォーターのマネージャー、ノア・テイラー 。(彼は『シャイン』天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットの少年時代も演じています。)4人のおじいちゃんおばあちゃんたちもすごくいい味を出していて、原作にはないウィリー・ウォンカのバックストーリーと合わせて、深い「家族愛」が粋に描かれています。

童話の定番「悪い子は懲らしめられる」。これが強烈なブラックユーモアになっているのですが、憎たらしいはずの子どもたちが、ティム・バートン・ワールドではなんだかキュートなんですよね。

ブルーバックはできるだけ使わず、セットを組んでの撮影にこだわり、リスも本物100匹を半年かけて調教したそうです。実際には本物のリスと作り物とCGを駆使していますが、このリスのシーンにも大笑い。私もあの胡桃を選別するリスが1匹欲しいな!(笑)(・・・私もゴミ箱行き?)

一緒に見た夫のお気に入りは「ウンパ・ルンパ」。私は原作を読んだことがあるし、ジョニー・デップが大好きなのでこの映画の公開を楽しみにしていましたが、夫には無理かなぁと少し心配だったのですよ。ところが実際には、私以上に夫はこの作品が気に入ったみたいで、エンドロールが流れ出すと

「いや〜面白かった。もう一度見たいな。これぞ映画の醍醐味、という感じだね!」

公式サイト→

チョコレート工場の秘密
チョコレート工場の秘密
R・ダール, Q・ブレイク, 柳瀬 尚紀

Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)
Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)
Roald Dahl, Quentin Blake

Charlie and the Chocolate Factory
Charlie and the Chocolate Factory

昨夜は夫と出先で待ち合わせ映画を見たため、帰りはそれぞれ自分の車で帰り、私の方が遠いところに車を停めていたので、夫の方が先に家に着いているかと思ったら・・・コンビニの袋を提げて私よりも遅く戻ってきました。

袋の中には、雑誌やビールのおつまみと一緒に、大きな板チョコが2枚!『チャーリーとチョコレート工場』を見ていたら無性にチョコレートが食べたくなったそうです(笑)。

For the first time in a decade, Willy Wonka, the reclusive and eccentric chocolate maker, is opening his doors to the public--well, five members of the public to be exact. The lucky five who find a Golden Ticket in their Wonka chocolate bars will receive a private tour of the factory, given by Mr. Wonka himself. For young Charlie Bucket, this a dream come true. And, when he finds a dollar bill in the street, he can't help but buy two Wonka's Whipple-Scrumptious Fudgemallow Delights--even though his impoverished family could certainly use the extra dollar for food. But as Charlie unwraps the second chocolate bar, he sees the glimmer of gold just under the wrapper! The very next day, Charlie, along with his unworthy fellow winners Mike Teavee, Veruca Salt, Violet Beauregarde, and Augustus Gloop, steps through the factory gates to discover whether or not the rumors surrounding the Chocolate Factory and its mysterious owner are true. What they find is that the gossip can't compare to the extraordinary truth, and for Charlie, life will never be the same again. Charlie and the Chocolate Factory, another unforgettable masterpiece from the legendary Roald Dahl, never fails to delight, thrill, and utterly captivate.


| シネマ(洋画) | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
コメント
 私も早速見に行きました。
なんか、Naoさんと行動被ってますね。
リス私もほんと圧巻でした。普段パンフレット買わないのに、あまりの面白さと作品の出来の良さに感動し買って読みました。
 原作は読んだことないので、読みたくなりました。
2005/09/12 21:30 by tomora
tomoraさんも公開初日の夜に観に行っていたとは・・・。
本当に面白かったですよねぇ。
愛に溢れていたし、悪ふざけ具合も最高で。
最近お金をかけた映画に魅力を感じなくなってきていたんだけれど
ティム・バートン監督なら、いくらでもお金を使って!って感じ(笑)
チョコレートの香りのエフェクト付で観たのなら
ますますチョコレートが食べたくなったでしょう?


2005/09/13 00:27 by Nao
こんばんは、久々に書込みます。
私もこの日、旦那とお友達と見に行きました。
いまだにウンバルンバの歌が耳から離れないので、今週末はサウンドトラックを購入しようかと思っています。
そうそう、ロンドン旅日記見ましたよ。読んでいるうちに、一人で行く勇気が沸いてきました♪
2005/09/15 21:29 by megu
meguさん、こんばんは!お久しぶりです♪
meguさんも初日に観たのですね〜。ウンパ・ルンパは本当にキョーレツでした。
↓のtomoraさんが、ウンパ・ルンパはめざましTVの大塚さんに似ているって(笑)。
それ以来、大塚さんを見ると笑ってしまいます。サントラ盤の感想をぜひ聞かせてくださいね。

>一人で行く勇気が沸いてきました♪
一歩踏み出すと、なんとかなるものみたいです。実現すると良いですね。
何かお目当てのギグがあるのですか?
2005/09/16 22:57 by Nao
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/284854
トラックバック
2006/09/23 20:14
監督 ティム・バートン 原作 ロアルド・ダール 脚本 ジョン・オーガスト 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー 、ヘレナ・ボナム=カーター 、ノア・テイラー ストーリー:家が傾くほど貧しい家に、チャーリー
どうせ誰も見てませんからっ☆★
2005/12/14 14:47
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップの4度目の顔合わせは、ロアルド・ダール
あるある人気アイテム紹介隊
2005/10/26 21:16
チャーリーとチョコレート工場
映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK
2005/10/18 13:42
映画「チャーリーとチョコレート工場 字幕版」を観てきました。 監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップ / フレディ・ハイモア / ディープ・ロイ / ヘレナ・ボナム=カーター / デヴィッド・ケリー / クリストファー・リー この映画は、ロアルド・
ブツヨク人 〜 ブツヨクのススメ 〜
2005/10/13 22:08
10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて 2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます) ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。 DLP吹替版で観た感想についてはこちら。 ウィリー・ウ
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
2005/09/23 12:25
『チャーリーとチョコレート工場』公式サイト 監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ フレディ・ハイモア デヴィッド・ケリー ヘレナ・ボナム=カーター  ノア・テイラー 【あらすじ】(Yahooムービーより)家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バ
Swing des Spoutniks
2005/09/22 19:55
甘くてしょっぱいストーリーでした。 あのね、子ども向けだけではない なかなか大人も楽しめる内容でしたよ。 一見の価値アリ。★★★ 見てきましたよ リベンジですよ 10日は仕事が直前に入るという アクシデントがあったからね。 しかし、デップ様は全
王様の耳はロバのママ
2005/09/19 13:29
9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にて チャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
2005/09/15 11:49
本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。 まずはチョコレート工場の感想
わにわにしちょし
2005/09/12 15:54
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!
Akira's VOICE
2005/09/12 10:48
●チャーリーとチョコレート工場を鑑賞。 失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父
Blog・キネマ文化論

Search this site