・・・好きなものクロニクル。
<< ロング・エンゲージメント | TOP | ゴッホ展@東京国立近代美術館 >>
BEN FOLDS
Songs for Silverman [CD & DVD]
Songs for Silverman

ベン・フォールズの4年ぶりソロ2ndアルバムは再びピアノ、ベース、ドラムの3ピースバンド編成になっている。このアルバムは全体的に落ち着いたトーンに仕上がっていてBEN FOLDSの疾走感が大好きな私にとってはちょっと物足りなくもあるけれど、リードトラックM-4 LANDEDは琴線に触れて、何度聴いても涙が出そうになってしまう美しいメロウ・チューン。(2005年4月リリース)

アメリカ、ノース・キャロライナ州で結成されたピアノ/ベース/ドラムのBEN FOLDS FIVE。そのギターレスというフォーマットと鮮烈なピアノロックが新鮮で、日本でも輸入盤から火がつき、さらに月9『ロングバケーション』のストーリーの中で"Philosophy"が効果的に使われ人気が加速。「ニルヴァーナmeetsビリー・ジョエル」などと評され、私も当時夢中になって聴いていた。(もう10年ほど昔のことでございます。)

Ben Folds Five
Ben Folds Five
Ben Folds Five(1995年)

でも2ndは大コケ・・・。東京フォーラムでのライヴも散々なものでガッカリ・・・。案の定BF5は解散してしまう。解散後1年でリリースされた初のソロアルバムはBF5断末魔の閉塞感を払拭するかのように明るい、ゴキゲンな曲ばかりで嬉しかった。このアルバムは日本だけでも10万枚以上のセールスを記録している。

Rockin¥' the Suburbs
Rockin' the Suburbs
Ben Folds(2001年)

今から1年ほど前、BEN FOLDSのソロ2ndを予約していたのに「発売延期、発売未定」でキャンセルされてしまったの。一体どうしちゃったの?と思っていたら、ソロ・スタイルで完成させていたアルバムを一旦すべて白紙に戻してしまったのだそう。発売延期はそういう理由だったのね。(今回のアルバムは6週間のセッションで完成。)

1stの後、公式サイトでオンライン・オンリーで販売された書下ろしEP3部作が日本限定企画、限定生産でCDパック化されている。その3部作第3弾がコレ。

SUPER DSuper D
Super D
Ben Folds

ダークネスとレイ・チャールズのカヴァもあるけれど、このEPは私はあまり良いとは思えなかったので、正直、今度のアルバムをあまり期待していなかったの。BF5の2ndのこともあるし。でも大丈夫だった(笑)。余分なものをそぎ落としピュアでナチュラルになったBEN FOLDSが目の前にいる。

BEN FOLDS 公式サイト→
BEN FOLDS FIVE 公式サイト→


| CD/US・CAN | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/131469
トラックバック
2005/05/26 03:32
■日記 えー、お久しぶりです。 先月は更新の最低記録更新、申し訳ありません。 久々の写真UPでお分かりかと思いますが、 PC直りました。 桜はまだ一分咲きの札幌です。   @ イギリスでは総選挙も終わり、労働党が議席を20近くも減らしつつも、
生々流転

Search this site