・・・好きなものクロニクル。
<< 清肌晶ムースクレンジングオイル | TOP | ロング・エンゲージメント >>
ELLEGARDEN
RIOT ON THE GRILL
RIOT ON THE GRILL

今作もメロディーが圧倒的にいい。エルレのメロディーは耳から入って秒速で血管を駆け巡ってすぐに胸を熱くしてくれる。それは、細美の頭の中だけで作られた「おたくメロディー」ではないからだ。見たものや聴いたもの、体験したことや感じたこと、ライブハウスでお客さんからもらった力やリスナーが投げ返した感情やさまざまなものを細美が体一杯に吸い込み、まるで呼吸するようにしてメロディーを作るからこんなにも自然に聴き手の血に溶けるのだ。歌詞を見るとずいぶん情けない部分やかっこつけてない部分が綴られていたりする。でもそんな自分や周りのみんなのかけがえのない一瞬を全力で輝かせるためのロックを彼らは知っている。この灰色の世界を生き抜いていくための、タフな力と強い思いに満ち溢れている。 rockin'on 山崎洋一郎

Trk-1 Red Hot を最初に聴いたとき小さな衝撃を受けた。オール英語の歌詞で歌っている日本人バンドはこれまでにも沢山いたけれど、こんなにも洋楽っぽいのに日本人としてのアイデンティティをしっかり感じる歌は初めて聴いたような気がしたの。私が勝手に「漫画のBECKの下積み」と「エルレガーデンの下積み」を重ね合わせてしまったというのもあるんだけれどね。

全部英語の歌詞の歌もあれば、日本語オンリーの歌も、英語と日本語が混じっている歌もあって、それらのどれもがすんなり耳に入ってくる。

ELLEGARDENのフロントマン細美君が公式サイトの日記に「最近忙しくて洗濯する時間がない。パンツは3日間、靴下は2日間同じのをはいてる。ごめん!」みたいなことを書いていた。こういう普通っぽい人たち(同じパンツを3日間もはいているなんて普通ではないけれど。笑)が、英語の歌をさらりと歌う時代がやっと来たのかもしれない。(2005年4月リリース)

ELLEGARDENサマソニ05に出演決定!
公式サイト→
高山

先週の土日、夫と春の高山祭(山王祭)へ行ってきた。高山はちょうど桜が満開!夜は堤燈を飾り付けた屋台(山車)が巡航して幻想的な美しさを楽しみ、翌日は3台の屋台が技を競う「からくり奉納」を楽しんだ。江戸時代のアイディア満載で楽しい。

写真は古い薬局の前に置いてあったおもちゃの自動車。レトロでしょ?「びーえむ」が笑える。今でも動くのかコインを入れて試してみれば良かったね。
| CD/日本 | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL(※言及リンクのないトラックバックは受信されません。)
http://blog.e-rose.her.jp/trackback/126205
トラックバック
2005/05/04 09:55
ヒマだとブログのスキンをコロコロ変えたくなってしまいマス ぽころで、今日HMVで、ノーバとエルレのDVD買ったんです    したら、家に帰ってPCみたらamazonから、 「配送中にトラブルが発生した可能性がございます。つきましては、同じ商品を配送させてい
U-BURO!

Search this site