・・・好きなものクロニクル。
筍の簡単で美味しい食べ方。
JUGEMテーマ:春の楽しみ

筍


筍は美味しいけれど、アク抜きが大変ですよね。大きな鍋に糠と鷹の爪と入れてコトコト長時間茹でて、その後また長時間水にさらして、大量のゴミが出て、鍋を洗うのも一仕事。

ところが!

簡単な方法を教えてもらいました。

皮を剥いて、粗塩をもみ込んで、アルミホイルにくるんで200度に熱したオーブンで1時間ほど焼けば、アク抜きの必要もなく熱々の時はそのまま食べてお美味しいし、調理にも使えるのですよ。

皮は生で剥いて乾いた状態だから捨てるのが簡単、たった1時間でOK、糠も大きな鍋もいらなくて後始末も楽チン、しかも美味しいなんて、今までの手間は一体何だったの!?という感じです。

ただ、「1時間」というのは大きい筍の場合ですね。スーパーで1個360円で買ってきた小ぶりの筍2個(写真)を200度で1時間焼いたら焦げ目がついてしまったので(そのまま頂く分には美味しかった)、煮物などに使う場合は焼く時間を短くする、アルミホイルを2重にする、などして焦げ目がつかないように焼いた方が良いと思います。



以前は朝掘りたての筍を*困るほど*たくさん頂いていたのに、筍採りを趣味としている方たちの高齢化が進んでしまい、近年は数が激減。この春はどうかな...?

この方法なら簡単だから、タケノコくん何個でもカモ〜ン!

この筍の下処理方法は「わらのごはん」の中で紹介されているそうです。

船越 康弘,船越 かおり
地湧社
¥ 3,150
(1999-12)

| グルメ | permalink | comments(15) | | pagetop↑ |
Campbell's Perfect Tea/アイルランド・ダブリンの缶入り紅茶。
Campbells Perfect Tea

あんらま。3月のエントリーが1つになってしまうところでした。

ライヴも映画もCDもいろいろ書きたい事はあるのに...

(ライヴはFUN.@新木場スタジオコースト、Wild Nothing@原宿アストロホール、ショコラ&アキト@21世紀美術館。映画は「思秋期」「偽りなき者」「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」「最終目的地」他。)

備忘録として自分のためにもブログは続けていこうと思っているのでガンバリマス。



写真は、アイルランドの紅茶、Campbell's Perfect Tea。

下北沢のfogで取り扱いを開始したとの事で上京した折りに買いに行こうと思っていたけれど

なんとキャンベルズ・パーフェクト・ティー専用サイトがOPEN!早速取り寄せました。

レトロな黄色い缶がなんともチャーミング。

*どーん*と500グラム入り。

コロコロとかわいく丸まった茶葉は早く抽出されるよう工夫されているのだとか。

濃いめに淹れて、温めたミルクをたっぷり。

気取らず淹れてもしっかりと美味しいです。

毎日ガブガブ飲んでいるから、笑ってしまうほど大きな缶なのに、もうなくなりそう。

また注文しないと!

(ダブリンにも行ってみたいなぁ。)

TEA & TREAS
 http://www.tea-treats.com/


昨年11月より、アイルランドの缶入り紅茶、キャンベルズ・パーフェクト・ティーの輸入販売をスタートし、2013年2月10日に、商品のご紹介及び通販サイト「TEA & TREATS」をオープンいたしました。

キャンベルズ・パーフェクト・ティーに最初に出会ったのはロンドンで、以来イギリス旅行のたびに大きな缶を抱えて帰っていました。このたび、縁あって日本にご紹介できることとなり、そのおいしさをたくさんの方々に楽しんでいただけたらと思っています。

キャンベルズ・パーフェクト・ティーの魅力は、なにより気取らないデイリー感です。両手で持つほどの大きな缶に無造作に入った茶葉は、高級ブランド品のような繊細さはない代わりに、どっしりと力強く、マイルドで誰にでも飲みやすくて、ミルクにとてもよく合います。

紅茶ってちょっと面倒……と思っている方も、難しく構えずに気軽に試していただきたい味です。

TEA & TREAS




JUGEMテーマ:おとりよせ
| グルメ | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
LEE特製 50度洗い温度計
LEE付録

LEE12月号の付録は50℃洗い専用温度計です。

食材を50℃のお湯で洗うと美味しくなるという話題の50℃洗い。

以前から、レタスをお湯にしばらく漬けてシャキッとさせるワザは知っていたけれど、50℃洗いをきわめた平山氏(スチーミング調理技術研究会代表)の極意にはびっくり。

お刺身やお肉まで50℃(種類によって48〜52℃)のお湯で洗ってしまうのです。

肉や魚の表面の酸化物を洗い流すと美味しくなるそう。

食材別に細かく温度と浸けておく時間が表になっていて、これは温度計と共に永久保存版。




JUGEMテーマ:付録


| グルメ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
由比缶詰所のツナ缶
由比缶詰所

まぐろの油漬けは、熟成させるほど油となじんでまろやかさと風味が増していきます。当社の缶詰は、製造後も最低半年間は出荷せず、味わいが十分に深まるまでじっくり寝かせて熟成させます。良い素材を使っているから実現するこの熟成時間が、こだわりの美味しさを育てているのです。
[由比缶詰所]


こだわりのツナ缶。

ツナ缶はここまで美味しくなれるのですね。


由比缶詰所
 http://yuican.com/



JUGEMテーマ:おとりよせ


| グルメ | permalink | comments(13) | | pagetop↑ |
コーヒー職人 猪田彰郎氏(イノダCOFFEE)のAKIOブレンド
akio ブレンド

コーヒー一筋に半世紀、コーヒー職人猪田彰郎のオリジナルブレンド。香りを最大限に引き出し、すっきり、さらっとした飲み口の職人ブレンドです。

コーヒー職人猪田彰郎が個人的に焙煎だけして、世に送り出す「AKIOブレンド」。

パッケージのイラストは氏と親交の深いイラストレーターで"OSAMUGOODS"の原田治さん。
[はしもと珈琲]



御年80歳の猪田彰郎氏が焙煎した「Akioブレンド」。

カリスマ焙煎士といわれるおじいちゃんがブレンドしたとは思えないほど若々しく、フルーティ。酸味が強めで苦みは軽い、私の好きな味!

イノダ珈琲(★)創業メンバーの猪田彰郎氏は、初代社長の甥っ子なのだそう。

Akioブレンドははしもと珈琲からお取り寄せ可能です。

はしもと珈琲
 http://hashimotocoffee.cart.fc2.com/ca2/5/p-r-s/


(このAkioブレンドは二三味珈琲をお福分けしたMちゃんから頂きました。いつもありがとう。)



すっかりコーヒーづいていて、コーヒーカルチャー特集のBRUTUS 2012年11月1日号を購入。

「おいしいコーヒーのある、幸せな生活。HAPPINESS COMES FROM GOOD COFFEE」

世界のコーヒーマニアが注目するというノルウェー・オスロの人気カフェ&バー「フグレント」の支店が代々木公園近くにOPENしたそうでこちらへも行ってみたいし、コーヒー豆の研究に余念がない若き焙煎士たちのカフェへも行ってみたい...

コーヒーって奥が深い!まさにコーヒーカルチャー。

ウンチクを語るのはいや。でもコーヒーの事をもっと深く知って、とびっきり美味しいコーヒーを淹れられるようになりたいなぁとしみじみ。


Amazonでは売り切れているものの、出版元マガジンハウスからバックナンバーを購入できます。

コーヒー好きにはお勧めの1冊なので良かったらどうぞ。

マガジンハウス
 http://magazineworld.jp/brutus/742/


評価:
---
マガジンハウス
¥ 650
(2012-10-15)
コメント:HAPPINESS COMES FROM GOOD COFFEE おいしいコーヒーの進化論。 新世代Coffee Shop 96軒の紹介が興味深い。

★READ MORE →
| グルメ | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
Chemex(ケメックス)コーヒーメーカーで淹れる二三味(にざみ)珈琲。
二三味珈琲

二三味珈琲をお取り寄せ。

「二三味珈琲shop舟小屋」は二三味葉子さんが能登半島の珠洲市木ノ浦海岸の舟小屋で毎日新鮮な生豆を自家焙煎して販売しているお店で、ホームページはなく宣伝もしていないのに口コミで人気が広まり、全国のコーヒーファンの注目を集めているのだとか。

「てっかまっか」は能登弁で、「かんかん照り」という意味で良いのかな?

いいなぎブレンド(中煎り)200g 840円
 すっきり爽やかな味。
 穏やかな海をイメージして作りました。

日置ブレンド(中煎り)200g 945円
 モカの香り・酸味の好きな方へ。
 香りが持続するように考えたブレンドです。

船小屋ブレンド(やや深煎り)200g 840円
 酸味と苦みのバランスの良い味。
 当店の味の中心となるブレンドです。

二三味ブレンド(深煎り)200g 840円
 苦いと香りの強いおすすめブレンド。
 ホット・アイス・アレンジコーヒーにも最適です。

てっかまっかブレンド(深煎り)200g 945円
 真夏の太陽のように刺激的な味。
 個性的な豆を使って新しい味を作りました。
[パンフレットより]


珠洲市中心部にカフェ「二三味珈琲cafe」がありますが、コーヒーのお取り寄せは船小屋の方に電話かFAXで。

二三味珈琲 shop船小屋
927-1446 珠洲市折戸町木の浦ハ-99
TEL & FAX : 0768-86-2088
OPEN : am8:00〜pm4:00(日・月曜定休)
※9月16日(日)〜10月1日(月)は夏休み休業

電話で応対してくれた女性はとても感じが良かったです。午前中の注文はその日に発送してくれるそうで、支払いは同封されている郵便振替で後払い...と注文しやすいのも魅力。ただし10月1日まで夏休みなのでご注意ください。

今回は自宅用に日置ブレンドとてっかまっかを。コーヒー好きなMちゃんには二三味ブレンドとてっかまっかをお福分け。

二三味珈琲が届いてすぐにMちゃんへ宅急便を出しに行ったら、クロネコヤマトのセンターの受付の女性が

「な〜んて良い香り!!」

密封してしまうとムレてしまうような気がして二三味珈琲から送られてきたのと同じく簡単に紙袋で梱包していたせいで、ほのかに香りがこぼれていたのですね。

珠洲市から取り寄せたコーヒー豆だと伝えると、コーヒーが大好きでいろいろ試しているけれどなかなか美味しいコーヒーに巡り会えないので良かったら教えて欲しいとの事で、受付の女性に二三味珈琲の電話番号と注文方法を伝授してきましたよ。ふふ。魅惑の香りだったようです。


うちのマシンはカフェポッド式なので、二三味珈琲を飲むにはペーパーフィルターで淹れなければなりません。どうせなら美味しく淹れたいと思い、前々から欲しかったChemex(★)のコーヒーメーカーを購入〜


Chemex


ペーパーフィルターで淹れると味にバラつきがあってどうもうまくいかなくて苦手だったけれど、ケメックスで淹れると毎回美味しい!私、カフェが開けそうよ(ウソ)。パンフレットに書いてあった豆の特徴通りに楽しむことができます。

半世紀ほど前、科学の実験器具をヒントにデザインされたコーヒーメーカーがCHEMEX(ケメックス)です。
ビーカーを2つつないだような特徴的な形で注ぎ口もついており、
くびれ部分には天然木が巻かれているので取扱いしやすく機能的です。
無機質と有機質をうまく融合させたシンプルなデザインもさることながら、
コーヒー本来のコクを十分に引き出してくれるCHEMEX(ケメックス)独自のフィルターも
コーヒー通に愛され続ける理由の一つです。
そんなCHEMEX(ケメックス)はMoMAの永久展示品にも認めらている名品です。




★READ MORE →
| グルメ | permalink | comments(4) | | pagetop↑ |
暑中お見舞い申し上げます。
明日は立秋なので、今日中にご挨拶しないと!

「暑中お見舞い申し上げます。」

早く涼しくなって欲しいですね...


しかし好天続きで「干し野菜」日和。

干し野菜



今日は大根とズッキーニを干してみました。

半日干すと適度に水分が抜け野菜の旨味がぎゅっと凝縮され、美味しくなります。

大根なんてこのままポリポリ食べても美味しいんです。

今夜は干し野菜と豚肉を炒めて塩麹で味付けしてみようかな。




干し野菜


虫避けネット付きバスケットは、フェリシモ(★)で購入。サイズが手頃で物干竿にさっとつるせて丸洗いも簡単で、重宝しています。


干し野菜の作り方 [手作り・保存食品] All About
 http://allabout.co.jp/gm/gc/382532/



JUGEMテーマ:写真日記


| グルメ | permalink | comments(9) | | pagetop↑ |
久原本家 茅乃舎(かやのや) の減塩だし
久原本家 茅乃舎(かやのや)

原材料:風味原料(かつお節、いわしエキス、焼きあご、うるめいわし、昆布)、でん粉分解物、酵母エキス、発酵調味料


「焼きあご」の「アゴ」とは「トビウオ」の事です(主に九州地方)。

人気の『茅乃舎だし』

しかし塩味がどうも強過ぎて(だし袋を破って調味料として使えるのも人気の所以なので塩と醤油で味がついているのでしょう)、味噌汁に使うと味噌をかなり減らさなければならず、中途半端な味噌汁になってしまうのです。

せっかく美味しい「だし」なのに.....

と残念に思っていたら、減塩タイプが発売され、サンプルが送られてきました。

味噌汁に使ってみたら、美味しい〜。早速注文して活用しています。


久原本家 茅乃舎(かやのや)
 http://www.k-shop.co.jp/



JUGEMテーマ:おとりよせ
| グルメ | permalink | comments(6) | | pagetop↑ |
古川一郎/奥能登でつくる天然酵母のパン
古川一郎

奥能登から届いたパンは、凛として、美しい。

記憶に残るパン

国によって、文化や風習が異なるように、パンもその国によってちがいます。

僕が思うに、主食がお米である僕達日本人と欧米の人とでは、体が求める水分量が違うように思います。ですからパン自体に求める水分量(しっとり感)はとても大切だと思います。[古川一郎]


Casa BRUTUS「おいしいパンと理想のパン屋さん」にも掲載されていた「古川一郎」のパン。

奥能登・珠洲にしっかり根を下ろして、素材や季節を大切にして美味しいパンを追い求めている姿に、はっとさせられます。ラッピングに使われているのは珠洲焼きのボタン。奥能登の景色と故郷を愛する想いが、パンと一緒に届きました。


私が注文したのは「おすすめ3,000円セット」。

能登ミルクの食パン
大浜大豆と黒糖のパン
珠洲塩のグリッシーニ
珠洲塩のクッキー

「能登ミルクの食パン」は想像していたよりもどっしりとしていて、シンプルな昔懐かしい食パンという感じ。トーストすると部屋中に*パン屋さんの幸せの香り*が広がりました。大浜大豆(奥能登・珠洲の地豆)の豆乳を使った「大浜大豆と黒糖のパン」は、ハード系とは違うけれど噛めば噛むほど味わい深いパン。(「能登ミルクの食パン」と「大浜大豆と黒糖のパン」はスライスして冷凍保存中。)「珠洲塩のグリッシーニ」は胡麻たっぷりで和風のグリッシーニです。「珠洲塩のクッキー」はザクッとした口当たりとアクセントの塩が絶妙の美味しさ。

他にもいろいろ。オンラインで注文できます。


古川一郎/奥能登でつくる天然酵母のパン
 http://www.furukawaichiro.net/





---
マガジンハウス
---
(2011-11-10)
コメント:マガジンハウスにバックナンバーの在庫あり。http://magazinehouseshop.jp/SHOP/CS201112.html

★READ MORE →
| グルメ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |
45°CENT QUATRE VINGTS(サンキャトルヴァン)
ガレット


フロール(ロールケーキ)で有名な、京都「ミディ・アプレミディ」主催・津田陽子さんのタルトのお店「45°CENT QUATRE VINGTS」が有楽町ルミネに出店しているので、先日ライヴ遠征した際に立寄り、タルト(写真を撮る前に母と私とで食べてしまった。)とガレットを購入。

紀尾井町本店にはカフェスペースがあり、そこでは「タルトを手でつまんでカジュアルに召し上がってもらう」ためフォークは添えられていないそうです。だからかタルトも気取らないお味。私はクランブルがさくさくと美味しい「田舎風りんごのタルト」をいただきました。

ガレットもたくさん種類があって選ぶのが楽しそうだったけれど、私が買ったのは3個入りのセット。



がレット


ざくっ。


ガレット



CENT QUATRE VINGTS(サンキャトルヴァン)というのはフランス語で180、お菓子を焼く定番の温度は180度だから180。ロゴの45°は、タルトを8等分にカットしているのでその角度の45°なのだとか。



45°CENT QUATRE VINGTS
 http://www.45cqv.com/



★READ MORE →
| グルメ | permalink | comments(0) | | pagetop↑ |

Search this site